04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

身体の声をもっと聞けるかも 

前回の記事で、食品に関することを書いたら友人に
「糖質制限をテーマにした食品でもプロデュースしたら?」などと
ありがたいジョークを振られました(^^;)

身に余る光栄でございます…(笑)

今の時代は情報発信なさる方々が沢山おいでですので、私の出る幕はありませぬ( ̄∀ ̄)
ちまちまと糖質制限の昔話でも混ぜながら、私なりの糖質制限日記を書きますよ♪


と書いたそばからなんですが、今日は「イメージング」がテーマの記事です(汗)
これも、私にとっては糖質制限と同じく、健康のベースを作る大切な習慣のひとつです。

初回から上級者向けでは?と感じる位、難しさと共に確かな効果が得られた「デーモンワーク」。
今ではもうかなりご無沙汰になりました。

内なるデーモンを育む 心の葛藤を解消する「5つのステップ」内なるデーモンを育む 心の葛藤を解消する「5つのステップ」
(2013/10/18)
ツルティム・アリオーネ

商品詳細を見る


それというのも、回を重ねる毎にイメージの変容にひとつの傾向が現れ始め、
そうかと思えば先行きがまったく予想できないほど二転三転し、
果てはいくらイメージを試みても、しぶとく時間をかけて集中しても
育むべき「デーモン」がきれいに姿を消してしまったからです。

まあ、この「身体表現性障害」というデーモンは育み終えたという意味かも知れません。


実は、この「デーモンワーク」で、甲状腺の数値の異常(T3が低い)に関わる情報を
私は知らずに潜在意識から受け取っていました。

具体的に書きますと、

まず、イメージの始めにデーモンが身体のどこに存在するのかをスキャンして調べます。
「身体表現性障害」というデーモンでワークし始めて以来、その位置は肩胛骨の間で変わらなかったのですが
いくら時間をかけても浮かび上がって来なくなってしまう数回前からは、
なぜかイメージ中に、喉の中央になにかがある感じがするようになりました。

まさか甲状腺のことだとは思わず、その時はいわゆる「ヒステリー球」のことなのかなと感じていました。
(喉が外から圧迫されているような、ものが詰まったような感じがする症状です)

しかし、このイメージワークが潜在意識から情報を取り出すワークである以上、
身体の異常を知らせてくる働きがあると考えるのは、自然なことのように思います。


ともあれ、「心を沈静させる瞑想」という側面の他にも可能性が見つかりそうな
「デーモンワーク」です。

繰り返して瞑想の経験値を上げることにより、さらに深く潜在意識とつながれるようになれれば
「身体の声を聞く」ことがより正確にできるかも知れないなあ…と、
そんな期待を持って、ふと思いついた時を逃さずワークして行きたいと思っています。

デーモンワーク自体が、心も含めた身体へ積極的に問いかける行為なのですから。

Posted on 2014/02/20 Thu. 22:44 [edit]

category: イメージング

TB: --    CM: 0

20

どうあっても生きてるってことは最高 

「パニック障害ですね」と診断された6年前のこと。

胃の不快感やその他の身体の不調の原因を調べるために、いろんな病院を渡り歩いた末に、
辿り着いた心療内科で出してもらったお薬が、あっけなく効いて、
「あー、やっと効くお薬が見つかった…」
と安堵しました。
病名が定まって、まともに効くお薬も得て、ひとまずはホッとしたものです。

しかし、私のような図太い人間が、なんで「パニック障害」などという
いかにもナーヴァスそうな病気にかかるんだろう…??
(PTSDのほうは、実際に天災被災の体験が過去にあるので、それも無理はないと思いますが…)
不思議で仕方がありませんでした。

それでも、トランキライザーが効くということは、そういう現実があるということなのよね…。


それで、今まで思っていた「自分」というひとりの人間について、
思い込みをできるだけはずして再認識をしようという試みが始まりました。

新しいことにチャレンジするのは大好きです。
この病気にかかったのもなにかの縁、と深層心理や潜在意識について書かれた書籍を読みあさり、
今の私があります。


これまで出会った知識の中で、とても気に入ったのは
「イメージトレーニング」です。
瞑想とか、内観とか、いろんな表現がありますが
「自分の意識の一部なのに、届かない程奥底にいる知らない自分」
つまり、潜在意識に向き合うという行為に、一番好奇心をそそられます。

ストレスの多い社会の中で生きる上で、イメージングで快適に心が安定している状態を保つことは
計り知れない恩恵をもたらすとも知りました。

今日の記事では、今まで私がやってみたメソッドの中からいくつかをご紹介してみます。


*~*~*~*~*~*~*

禅が教える「考えない」作法―昨日を悔やむな、明日を思いわずらうな禅が教える「考えない」作法―昨日を悔やむな、明日を思いわずらうな
(2010/08)
高田 明和

商品詳細を見る


ヨガを習い始めて10年になりますが、ヨガの瞑想とはまた違う方法を試してみたくて、
この本での「禅」を選びました。

おおまかには「数を数えることに集中する」というやり方です。
しかし、1から10まで数える間によそごとを考えないようになるまでには、
相当修行しないとならないらしい…と感じ、だんだんやらなくなりました…(^^;)

このころはまだ完璧主義的な考えの強い人間だったんです…(汗)

*~*~*~*~*~*~*

ほめ日記実践ガイドほめ日記実践ガイド
(2012/06/20)
手塚 千砂子

商品詳細を見る


自分自身を善悪という物差しで測らず、
美点も欠点もひっくるめてありのままに無条件で認めること…「自己肯定」を目的としたものです。
自分を裁かず、どんな些細なことでもほめて、
慈愛に満ちた母のような愛情で自分を評価していくうちに、
習慣的にしていた「自己批判」のせいで
いつの間にか疲れていた自分をリラックスさせることができました。

自分が認められて満足できると、人に対しても寛容になれるし、
どんな出来事を見聞きしても、誰もが成長している途中なのだ、と赦し合う気持ちになれます。

自分も他人も平等で、それぞれの人生を生きているのだ、
ということをそのままに受け止めることができ、
対人関係に悩むべきことなど始めから何もないのだと気がつきます。
もちろん対自分である「葛藤」もです。

私はこれを「インナーチャイルドのいやし」でもあると感じています。

ほめ日記用のノートの半分あたりが埋まる頃に、大いなる充足感を感じて、
「ああ、もう私すっかりなにかを解放できてる…ハッピーエンドなんだね」とわかり、
いいタイミングで「自虐ネタの激しい古い友人」から久しぶりの手紙が来て…。

お返事と一緒にこの本をプレゼントして、「ほめ日記」は卒業しました。

あれからずっと、自己嫌悪という感情と無縁です。
誰かを嫌だと感じる不快感からも、スムーズに抜け出せます。

*~*~*~*~*~*~*

1日5分のお姫様ごっこ1日5分のお姫様ごっこ
(2011/01/24)
幸川玲巳

商品詳細を見る


タイトルや装丁から、ふわふわした「願望実現」がテーマの本と思いきや、
実は「インナーチャイルドをいやすイメージトレーニング」でした。

ごっこ遊びの軽いノリで、楽しく自由にイメージを拡げられるので、
気負い無く続けて行けるのがいいところです。

文字で書くという工程は「ほめ日記」同様に、イメージが定着する効果が高いです。

実はこれ、いつからか漫然とノートを書くだけになって行ってしまったんです。
このまま続けても意味無いなあとわかったので、
イメージングをたっぷり楽しんですっかり満足した時点で、
次の新しいメソッドへとテイクオフしました。
でも、いつでもゴージャスな姫君に戻れますよ(笑)

*~*~*~*~*~*~*

内なるデーモンを育む 心の葛藤を解消する「5つのステップ」内なるデーモンを育む 心の葛藤を解消する「5つのステップ」
(2013/10/18)
ツルティム・アリオーネ

商品詳細を見る


今私が継続している「デーモンワーク」です。

「心を無にして、何も考えないと努力する」というのとは反対に、
「自然に浮かび上がってくるイメージを、ただただ観察する」ことから始まる内容です。

「余計なことを考えない」って、試してみると実に難しいのですが
なにかに集中することで「考えなくなる」というのは、簡単にできました。
まったく逆の発想ですけれどね。

しかし、自然に浮かんでくるのに任せきってしまえずに、
このワークの行方をコントロールしようという意思を持ったり
なにか結果を残さなければ、とプレッシャーがかかると頓挫します。
(その頓挫という結果もまた、成果へ至るまわり道で拾える宝なのですが)

気負わず、自分の深層と対話することだけを目的として、
思いも寄らなかった問題を浮かび上がらせ、自然に解決へと導く。

すべて「顕在意識の自分」と「深層心理の自分」でやり遂げるからこそ、
納得のいく、腑に落ちる結果を手にできるのだと思います。

*~*~*~*~*~*~*


瞑想、イメージトレーニング…それらを日常生活に習慣として取り入れることで
現実の世界、思考・論理の世界から
空想の世界、感覚・感情の世界までを満遍なく行き来して、
両方のバランスの良い状態を保つ。

一度しかない人生、かけがえのない毎日を大切に楽しんで行きたいです(*^-^*)

だって、「今、私は生きている」
この事実以上に素晴らしいことってないですものね…!

Posted on 2013/12/08 Sun. 18:36 [edit]

category: イメージング

TB: --    CM: 2

08

デーモンワークその2 

最初は、ハイレベルで難しいと感じていた「デーモンワーク」。

あれから8日経ち、すべてのステップを飛ばさずにこなせるようになって、
思ったより早くその恩恵に与ることに成功しました。
初日からすれば、かなり予想外な経過を辿ってます。
びっくりですが、とても嬉しいです!

まさかここまで効くとは…!
なんでも、最初の印象で思い込みは持たない方がいいですね。


スーパー糖質制限をきっかけに、お薬を1錠から3/4錠に減薬していたのですが
デーモンワークを始めた日から、発症する機会が急激に減り(3回~4回が2回に減)
更に1/2錠に減薬しています。

しかし、ワークを一日休んだ日は、心悸亢進で深夜に目が覚めて服薬しました。
翌日には発症が3回に戻りました。


この事実からみて、どうやらその日のストレスはその日のうちに整理した方がいいみたいですね(^^;)

というわけで、毎日欠かさずワークすることに決めて、
1/2錠で経過を更に見ていきます。

なんだか、デーモンワークがあまりにも効くので
スーパー糖質制限の成果が曖昧になってしまっていますが
この先何ヶ月も続けて行けば、また新発見があるかも知れないですしね。
もちろん糖質50g以下/日も継続します。


それから、気がついたこと。

「デーモンワーク」はとても効果の高いイメージワークだとわかりましたが、
他のイメージワークと併用するのは混乱を招く気がします。
なぜか集中するのに時間がかかってしまったのです。
いわゆるスキーマというか、イメージングによる固定観念が定着する前に不安定になるからかな?
(素人判断ですが…)

せっかく、毎日続けることで要領を掴めるようになって来たのですし、
それにこのワークのおかげで発症がかなり少なくなったので、
しばらくはデーモンワークだけで不安症に取り組んでいくつもりです♪


それにしても…。
瞑想によって「心の底から落ち着く」のは、
本当にすっきりとして気持ちの良いことなんだなあ…と実感する毎日です。

今までもヨガなどで瞑想はしていたつもりだったんだけど??
落ち着きの深さレベルが全然違う感じです。

糖質制限ともども、デーモンワークに出会えたことにも感謝したい♪(*^人^*)
今後がさらに楽しみです!

Posted on 2013/12/04 Wed. 21:26 [edit]

category: イメージング

TB: --    CM: 2

04

デーモンワーク 

ちょっと更新の間隔が開きましたが、
今回は不安症克服のために昨日から始めたイメージワークについて書きます。


今までも、自律訓練法などの基本的な療法から、
インナーチャイルドのいやしワークや、
セドナメソッドなど、
素人でもとっつきやすいイメージワークをいろいろ試してきました。

潜在意識についての知識を得ていくにつれて、
数あるイメージワークに共通している点を見出せたり、
手法は違っていても同じことをしようとしているんだと理解できるようになりました。

病気の克服のためはもちろんですが、学ぶことそのものが楽しくて
気が向くと新しいイメージワークを試します。


昨日もまた新しいワークを試してみました。
すると、
「ちょっとこれはプロの人向けのレベルなんじゃない?」
と戸惑いを感じるくらいのガツンと来る内容でした!

内なるデーモンを育む 心の葛藤を解消する「5つのステップ」内なるデーモンを育む 心の葛藤を解消する「5つのステップ」
(2013/10/18)
ツルティム・アリオーネ

商品詳細を見る


本では、きちんと5つのステップを省略せずに進行することが奨励されていますが、
私は3つめのステップが怖さからどうも行動に移せなくて…。

でも、危険を感じない程度に、できる範囲で少しずつ慣れていけばいいかなーと
自分の感覚をしっかりモニターしながら慎重に、今のところはしばらく続けるつもりです。


そう思ったのも、このワーク(デーモンワークと呼ぶそうです)が
どうやら私なりにノウハウを理解できているらしく、
途中までしか進行できなかったのに、目に見える効果が認められたんです!

私は機嫌良く過ごしていても、毎日決まった時間帯に症状が出やすいのです。
私の意識が不安を自覚していなくても、身体がそれを感知しているようなのです。
その結果、心にではなく、身体表現性障害というかたちで身体に現れます。
リラックスしていても、眠っていてもです。

数ヶ月という長いスパンでその回数が増えたり減ったり、波があります。
お薬を飲むのは少ない時で一日2回、多いと4回です。

それが、ここ数ヶ月は一日3回か、寝る前に+1回、という感じのところが
昨日は2回で済みました。

更に…今日はお昼頃に1回お薬を飲んだきり、
夜までずーっと症状無し♪
ほぼ毎日、夕方になると発症に気付くのですが
今日はなにごとも無し(*^-^*)


それに、心理的にも手応え有りです。
なんとなーく、静けさが心地よい。

私のPTSDは不意に鳴る大きな音に弱くて、静かなのが苦手なので
いつもなにか音楽やDVDを間断なく流しています。
それが、なんの音もしなくても平気でいられるんです♪
意識レベルに上がってこない無自覚の緊張が、減ってるような感じ…?

なんだか自由な気分!


そして、今夜もこのワークをやってみました。
昨日からすると、かなりのイメージの変容が見られて
もっと時間がかかるかと思っていたのに、
二日目にしてなにかをきちんと掴んだみたいです。
ワークの最後に心地よい疲労感をしっかり得られました。

普段しているヨガでの瞑想よりも、気分がすっきりです。


今夜は、念のためお薬を飲んでから就寝するつもりですが
明日はもっと気分がすっきりするような気がしています。

スーパー糖質制限もそろそろ1ヶ月ですし、
こちらの効果もあるかも?知れないですね♪
楽しみです!

Posted on 2013/11/27 Wed. 22:32 [edit]

category: イメージング

TB: --    CM: 0

27