03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

糖質制限、今年の夏 

やっと記事を書く気になりました(^^;)
棗でございます、ご無沙汰してます。

この夏の総括をしたいなと考えておりました。
いろいろ気付きがあったので…。



糖質セイゲニストの皆様も、ケトンモードで
快適にお過ごしになれましたか?(*^-^*)

おかげさまで、私は本っ当ーに!!
予想外な程元気で過ごしてしまいました(笑)

去年までの夏が、ウソみたい…?!

なんだか、年々夏が楽になって行ってます。
今年はホントにめざましい変化ぶりでした。


なんたって、梅雨の湿気の季節から途切れること無く
ずーーーーーーっと
美味しいお肉に舌鼓の毎日が続き…

いったい、いつまで豚ロースの厚切りにはまっているのだろう私は!(笑)と
半ば呆れつつ

結局、夏のたびに悩まされていた
「食欲不振」
まったく起きないまま、初秋を迎えられました。

今は、チキンスープにはまってます(///∇///)


それから、ふと思い立って
「百鬼夜行抄」全25巻を本棚から丸ごと出してきて
一気読みしていた時があったのですが、

よく出て来る、
お父さん用の
お盆にのせたひとりぶんの食事の絵。

なんだか和食が恋しくなるコミックなんですよね(笑)、
その影響で、普段は作らない
酢の物とか
和え物とか
私でも作れる和食に親しみました。


さらに、梅干しの美味しさ再発見。

昔ながらの、塩と赤紫蘇で漬けた無添加の
しょっぱい、すっぱい、しわしわの梅干し。

これを塩の代わりに入れて
チキンスープを作ってみたら、
すっごく美味しくて…はまりました(///ω///)

きのこと小ねぎを足したぐらいのシンプルなスープなのに
味わい深くて美味しいです。

香りのないココナッツオイルを見つけて以来
苦手を克服できたので、
このスープにかけて、脂質を上乗せして
美味しく頂いてます♪



今年の夏、振り返るとまるでこどもの頃の夏休みのようです!(笑)
いろんなことができたし、
あれもこれもと楽しかったことが次々思い浮かびます。

ホントに充実してたなあ~( ̄∀ ̄*)

ひとつひとつが、今年の夏の大切な思い出になりました♪


やっぱり、食べることってホントに大事ですね。

しっかり食事が出来ていて身体がエネルギーじゅうぶんなので
やりたいことは即行動できるし
なにしろやる気が充実してるし。

だからと言って欲張ることもなく(笑)
休息はたっぷりととって。

毎朝、ワクワクな気分で目が覚めて
日中を思いのままに過ごし、
陽が傾いてくる夕方には、今日も良い日だったな~と
ほんわかした、満ち足りた気持ち。

そして、夜はまったりゴロゴロくつろいで
眠くなったらオヤスミナサイ…☆

いいリズムで毎日が快適に過ぎて行きました。
近年の私には無い程の、ここちよい夏でした(*^-^*)


実は…

豚ロースの厚切り肉を味噌漬けにするとすごく美味しい!と知って
まとめて作り置きして毎日食べていたら、
無くなっていた「加齢臭」が復活してしまい!(笑)

慌ててやめたこともありました(^^;)

あれは焦った…(笑)
すっかり忘れてたんですよね、
お肉+豆=加齢臭の法則を…。
(この法則は私だけだと思いますよ)

お味噌を封印して10日位で
ようやく枕の加齢臭が消えて、安心しました(^^;)


それから、お付き合いで
美味しいと話題のパンケーキを半分食べてみたりもしました。

星乃珈琲の「スフレパンケーキ」です♪
ふわふわで美味しかったですよ!
このくらいの甘さなら、半分だけ
コーヒーと一緒に頂けば、私にも食べられます。

また、コーヒーと合うんだなぁ、これが…(*^-^*)

糖質量がどれくらいなのかはわからないですが、
まあ半分ならおなかこわさないでしょ、との目論見通りでした。

でもね、やっぱりケトンスイッチは切れちゃいましたからネ
その後はしっかり糖質追い出して
スイッチ入れ直ししましたよ。



まるでウィンナワルツの調べに乗っているかのように
毎日がスムーズに、楽しく過ぎた今年の夏でした。
ホントに、振り返ると笑っちゃいます(*^艸^*)

夏って、めんどくさい季節のはずだったんですけどね~?


あろうことか夏の終わるのを「ちょっと惜しい」なんて気がする
今日このごろです。

でもまあ、これからは
一年で一番楽しい季節、秋!!がやって来ます♪(≧∇≦)

行く夏をもったいないと惜しんでいる場合じゃない(笑)
夏の疲れをいやしたら、フル充電を完了させて
きたるべき秋を迎えま~す♪

これからどこに出かけようかな?


セイゲニストの皆様も、
ケトンモードで心身共に元気で、
はずむように快適な秋を
お迎えになれますように(*^人^*)


Posted on 2016/09/12 Mon. 11:00 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

12

寒天とゼラチンで夏の低糖質お菓子 

毎日お暑うございますm(^^)m


冷たい飲み物が苦手な私も、
夏になると食べたくなるのは
涼しげなお菓子♪

コーヒーや紅茶をゼリーにして、
もちろん甘味はラカントSで付けて、
ホイップした生クリームをのせて食べると
おいしいですネ(*^-^*)

ほうじ茶や烏龍茶は寒天のほうが似合う気がします。
さっぱりと食べたい感じ。

寒天とゼラチン、それぞれの食感の違いが楽しいです♪


お正月に友人に作ったお汁粉用のレトルトゆで小豆が
一袋残っていたので、
これを寒天にちょっと混ぜてみたらおいしいかな?と思いつき、
糖質量を見てみたら…

重量の半分が、炭水化物(笑)
さっすがー!(^^;)

というわけで、
このゆで小豆を1食当たり10g使って
一人分の炭水化物約5gに抑えた
「なんちゃって水ようかん」ならぬ
あん入りほうじ茶かんができました。


一度目は、混ぜたまま器に注ぎ分けたら
小豆が底に沈んで
まあそれはそれで良いのですが

全体に小豆が混ざるようにできないかなあ…と考えてみたら

寒天のあら熱を取っている間にうっかり
大きい器のまま固めさせてしまった失敗を思い出して(笑)、

ちょっと固まりがけの時に、フォークで粗く砕いて
器に注ぎ分けて、冷蔵庫で固め直してみました。

160813-01.jpg

すると、ちゃんと全体に小豆が混ざった出来になりました♪


でもねー…

やっぱり、固まりがけを砕いたかたちのまま
粒々した食感になっちゃいました(^^;)

寒天の、つるんというなめらかな感じにはならなくて。
惜しい。


こんな感じで、実験気分で
寒天とゼラチンで夏のおやつを作って
遊んでます♪

残ったレトルトゆで小豆は、フリーザーバックに移し替えて
冷凍しました。
甘すぎるからか(笑)、ガチガチに凍りません。

また気が向いたら作ってみようかなあ。
気が向いたら、ね。


Posted on 2016/08/14 Sun. 19:15 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

14

ロカボ♪ 

相変わらずご無沙汰しております棗ですm(^^)m
おかげさまで元気です♪


この暑さにも関わらず、毎日お肉が美味しくて!

最近は、
豚ロースの切り身を塩こしょうしてただ焼いただけ
というのにはまりまして(^^;)
ほぼ毎日豚ロース厚切りを食べています♪

私って一旦はまると長いんですよね(笑)


さて、
今月の始めに、遠くのスーパーまで足を伸ばして偶然見つけた
このお菓子。プチシュークリームです。

160709-01.jpg

なんと、プチシューひとつの糖質量は1.6g!
一箱ひとりで食べても、10gですか?
ええー?!

これはこれは…食べてみたい~♪

というわけで、買って帰りました(*^-^*)


シュー皮は、いたって普通の味です。
中の生クリームは、長年舌に馴染んだエリスリトールの甘味。
美味しいです♪

「低糖質」って謳っている市販品はお味がイマイチ…という印象を持っていましたが
これは全然そんなことないです!
もー、言われなきゃわかんないでしょってレベルの普通さです。

いや、言われてもわかるかわからないか…(笑)


スゴイですね~。
こんなスゴイお菓子が市販品で、
しかも専門店ではなく普通のスーパーで
普通のお菓子の横でさり気な~く売られている時代ですか!

世間の情報を自発的に制限して、
ネット上の「糖質制限の今」の情報からも
意図的に距離を置いている私なので、
驚くのは今更なのかも知れないですが(^^;)

びっくりしました~。


包装にあるこの「ロカボ」ってなんだろ?

しばらくぶりに検索してみました。
なるほど…。

「糖質を考えたロカボスイーツ スイーツプラン」


大抵の市販のケーキやスイーツは、私には甘すぎて
とてもとても食べられないのですが、
ここのお菓子なら、甘い物苦手な私でも食べられる♪

しかも、シュークリームはこどもの頃から大好きなのです(*^-^*)


糖質制限はしていても、シュークリームは食べたくて
いつだったか自作してみたことがあります。

シュー皮がホントに難しいんですよ!!(涙)

何度か頑張ったんですが、
あまりの難しさに心が折れました。
以来、作っていません。


でも、このシュークリームが売られているなら
もう大丈夫!
あとは、あのスーパーでいつも置いていてくれればネ(^^;)

きっと、これから先は
低糖質なお菓子は世の中にもっと増えて、もっと普及して行くのでしょう。

ひとまず先の心配はしないでおきます♪


それにしてもああ、なんてステキな時代でしょうO(≧∇≦)O

もしかしたら、このシュークリームとの出会いがきっかけで
糖質制限に尻込みしていた人が続けられるようになって…

糖質制限の最初の試練、糖質依存を克服できて
人生が変わっちゃう人もいるんだろうなあ…。
うん、きっといるいる。

なんか想像しただけで、私までわくわくして来ちゃう♪


「適正糖質」で、みんなみんなが元気で健康になれるといいですネ!☆(*^-^*)


Posted on 2016/07/20 Wed. 10:20 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

20

糖質制限で、軽快さを楽しむ 

糖質制限 = 糖質の摂取を一定量以下に保つ食習慣

ざっくりと、私はこのように「糖質制限」を理解して、今まで続けて来ています。


その延長線上で思いついた、

食事と食事の間の時間を一定時間以上空ける

ということにも、糖質制限と同じくらい意義を感じています。


ケトン体エネルギーをメインにして生きていると、
糖質エネルギーだった頃とは「空腹」の感覚が変わるんですよね。

空腹は、なんとな~くやって来ます。
糖質エネルギーだと性急に来ますけど(^^;)

ケトン体エネルギーで生きる身体には
糖質の摂り過ぎによる血糖値の乱高下が無いからでしょうね。



振り返ればここ何年かは、
朝食は午前7~9時の間、
おひるは午後1~5時くらいの間にとることが多かったです。
あとは、日によって夕方6時くらいに一度おやつをつまむ、という感じでした。

そして、1日の糖質摂取量が少なければ少ない程
この食事と食事の間の時間、「食間」が大きく空く傾向があるようです。


私のルールは
「食べたい時しか食べない」なので、
食べたくなるまでの間の長さは、
その時その時の「身体の求め訴え」任せです。
(食欲不振などの場合はこの限りではありません)

そうすると、自然と
朝食と昼食の間は6時間~8時間くらいになります。

そして、さらに昼食と翌朝の朝食の間は、
かなり長い時間が「空腹」という状態になっています。

それでも、とっても快適に過ごせています(*^-^*)


日に三度三度、お食事している人から見たら
正午におひるを食べていないし、
夕食は無いし、
それなのに快適だなんて
ちょっと想像できないかも知れないですね。

食べないでいるほうが、身体が軽くて
気持ちも元気で明るくいられるんです♪

この快適さ…自由さ…( ̄∀ ̄*)
なににも代え難い、ここちよさです。


もう、これに味をしめたが最期、
糖質制限をやめるなんて、絶対無理です(笑)
とてもじゃないけどそんな、そんな…
もったいないこと…(^^;)

私はもう、このここちよさ無しの人生なんて
考えられません(笑)



前回の記事でご紹介しました、この本

「血流がすべて解決する」
堀江昭佳



この中に、
「古代中国では朝7~9時の朝食と、午後3~5時にとる食事の二食だった」
とあるのを読んで
なぜか嬉しくなったんです(*^-^*)

私の食事時刻は、古代中国の人々にとっては普通だったんだなあ~って。

(こんなところにも、「普通であることの安心」を感じるとは・笑)


昔から続いてきたことのすべてに意義があるとまでは思いませんが…。

それでも、煌々と照らす人工の照明が無い時代のことです
夜は現代よりもずっと早く就寝していたのではと想像すると
これから眠りにつくのに、食事をとる理由も必要も
ないのではという気がします。


この本では、
「空腹の時に、胃腸は掃除される」とありました。

眠っている間と、食間は、胃腸が自分をきれいにする時間だったとは。
知りませんでした。

なんとなく、
「空腹の時間をちゃんととらないと、糖質制限は失敗する」という
自分の体験から
自然とそうして来ましたし、
空腹の時間には胃腸にお休み時間をあげているつもりでいました。
(胃腸に血液が集中しないぶん、筋肉や脳に行って機動力が増えるのだと思って)

実は空腹には、それ以外に大きな意味があったということなんでしょうか。


糖質制限をすると
ゆっくり燃えるケトン体エンジンで生きる身体になるので、
自然とおなかがすくまでの間が空くようになって来ます。

でも、糖質エンジンでは、おなかがすくまでの間が短いので
胃腸の掃除のためには
敢えて食べるのをがまんすることになりますね。

いくら胃腸のためとは言え、これはちょっと
私は挫折しそう…(^^;)

やっぱり、おなかがすいたら
なにか美味しいものを食べたいですもんネ~♪


そう言えば、以前
おなかがすいた時の音を止めるためのお菓子を
ドラッグストアのレジ横で見かけたことがあります。

あれはもしかしたら、胃腸への妨害なのかも(笑)



ともあれ、
糖質制限をしていれば楽に開けていられる食間の時間。

この時間にちょこちょこ食べないでいることは
ケトン人間である私の心身を元気に、軽快にしてくれる、
糖質制限ならではの恩恵のひとつ
「軽やかさ」をもたらしてくれる、
大事なルール。


それに加えて、これからは
空腹の時間は「胃腸のメンテナンス時間」
と知った上で

「軽やかに、楽しく糖質制限」☆d(^ー゚*)


ますます楽しさを感じながら
自分の身体をいたわり、
感謝と共にやりがいをもっと強く感じながら

快適にずっと続けて行きたい(*^-^*)


長年やって来て「あたりまえ」に感じていた
糖質制限の恩恵に
一層の喜びと「ありがとう」の思いを
新たにした出来事でした♪


Posted on 2016/05/27 Fri. 17:00 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

27

糖質制限記念日、これで14年 

今年も4月13日がやって参りました(*^-^*)
私が糖質制限を始めた日。

昨日で、糖質制限を始めてから14年が経ちました♪


昨年・一昨年のこの日に関する自分のブログ記事を
読み直してみたのですが。

始めた当初のことも含めて、
過去のことを振り返るのがどうでもよくなって来ているのは
私が年をとったからでしょうか(笑)

ええ、おそらくそうでしょう、
50歳になったことで、すべてにおいていろいろ吹っ切れて来ているというか

自分の過去・現在・未来に対する見方が
ガラッと変わりつつあります。

正直、こんな気楽な心境になれるとは
想像してませんでした。


たった1年前すら、どうでもいいです(笑)

それより今の私が見つめている物事のほうが
圧倒的に大事だし、興味をそそられます。



糖質制限をこんなに長く続けて来ていると、
いろんな方から

「努力家ですね!」
「立派ですね!」
「先見の明ですね!」etc.

いろんなおほめの言葉を頂きます。


でも、14年経ってもやっぱり
これだけは言わせて下さい、

「なんの苦労もなく、14年間遊びでダラダラやって来ました!!」


努力家、ありがとうございます、
立派、先見の明、ありがとうございます(笑)
お言葉は素直に喜んで頂戴致します♪

(糖質制限と無関係なところで、私けっこう努力家だしガッツもあるんです・笑)

でも、竜宮城で遊んでいると14年なんてあっという間でしたよ!(≧∇≦)
ちなみに「ケトン食チャレンジ」も、完全に遊びでしたよ!(≧艸≦)



世の中は、既に「糖質制限」の話題が行き渡っているんでしょうね。

もともとニュースはTVを見ないので知らないし(最近はネットのも見ないし)、
セイゲニストさんのブログ巡回もしなくなったし、
オフ会や講演会もぱったり行かなくなったので、
世の中がどうなっているかは知りません(^^;)


私が欲しい情報だけしか入ってこない感じです。
(それ以外の私にも必要な情報は、友人知人が教えてくれるから助かってます)

もう完全に、「自分の直感に引っかかった物事だけに絞って相手してる」状態です。


でも、それでいいんじゃないかという気がしてます。
だってこれだけ情報過多な世界ですよ?
それを、好きでやってるならともかく、膨大な量の情報を
いちいちジャッジしていられませんって(笑)

そんなことに時間を費やしていられる程、人間の寿命って長くないし。

私には他にやりたいことが山程あって
ホント時間がいくらあっても全然足りないくらいです。
(だからいっそやりたくないことはバッサリ切って、やりたいこと最優先にしてます)


2002年4月13日に、「低インシュリンダイエット」の情報が
私の直感に引っかかってくれたおかげで
平穏な気持ちで、感謝と共に日々を満足して生きている今があります。

だから、これからも変わらず
直感のアンテナはピカピカに磨いて
(自分の感覚を大切にすることで磨かれます)、
良い情報に出会える自分の強運も活かして

「糖質制限に出会い、濡れ手に粟のごとく楽にその恩恵を頂く」

この状態を今後も末永く
維持していきたいです(*^-^*)

「相手する価値のある情報」が
私を、あなたを待ってます…!!


Posted on 2016/04/14 Thu. 12:00 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

14