09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

労せずして20gを切るという不思議 

タティングの図面を引くのに集中して、ブログを更新するのを
さぼってました…(^^;)


スーパー糖質制限連続記録を取るようになって、早3ヶ月過ぎました。

それまでは、好きなように食事するだけで糖質量はカウントしていませんでしたが、
それでも50g~70g/日でしたので、じゅうぶん低糖質ではありました。

連続記録をとるようになってお肉とお魚の量はちょっと増えました。
もともと好きなだけ食べていたので意識して増やしたという感じです。

牛乳は、開始当時は0ml/日でしたが、
やっぱりミルクティも飲みたいしね…ということで、今は大さじ2(30ml)/日を上限に変えています。
ヨーグルトも減らすとさみしいことがわかったので、結局150g/日まで増やしました。


そして意外なことに、気がついたら減っていたのが野菜です。

キャベツ・レタス・水菜。
この3種の葉物野菜を中心に、ブロッコリーやパプリカ、セロリ、豆苗…と
その日の気分でいろいろミックスしてサラダで食べることがほとんどだった
料理の嫌いな私が、
大根と豚バラ肉をおしょうゆとラカントSで煮物にしたり
鶏もも肉と玉ねぎをローズマリーでソテーしたり…。

サラダだと山盛り食べるくせがあるので(笑)多くなるんでしょうね。

大根の煮物では、せいぜい1食に100gくらいしか使いません。
食事が1食の日は、野菜が昼食だけになります。
ちなみに大根の100gあたり糖質量は、私の持っている本によれば
3.4g。


そうしていると、一日に摂る糖質の合計が20gに達しない日が出て来ました。
これにはびっくり(^^;)
我慢して減らしているわけじゃないんだけど…??

なんか減っちゃうのよね…(汗)

これは、糖質を減らして血糖値の上下幅がちいさくなったことで空腹感が弱くなり
自然と食事の回数が減ったことが原因でしょう。
しっかり量を満たす食事が2食から1食になるのだから、野菜が減るのも当然ですね。
おやつにブロッコリーゆでて食べたりしてない限り。

私の場合、
糖質制限を強める→血糖値の上下幅がちいさくなることで食事回数が減る→糖質の摂取が自動的に減る
ということが起こったと推測できます。

ここ数日の平均的な食事メニューを調べてみたら、
「野菜からの糖質」は7g~12g/日。
「乳製品からの糖質」は0g~10.2g/日。
おやつの「ナッツ類からの糖質」は0g~5g/日。
これなら20gを下回るのも当然ですね~!

これで、風邪をひいたりして食欲が無くなったとしたら…(^^;)

スーパー糖質制限を長く続けると、糖質量が勝手に減っていくなんて
おもしろいです~!

以前なら「やっぱり摂らなさ過ぎも良くないんじゃない?」と不安になってましたね。
でも今は「糖質は摂らなくても生きていける食べ物」と知っていますから
気にしません♪

スーパー糖質制限の範囲であれば、今まで通り野菜も乳製品も好きなように食べることにします(*^▽^*)
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/01 Sat. 13:10 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form