07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

がんばっている自分に、受容のほほえみを 

自由に外出できず、結果家の中で閉じこもって暮らしている私は、
「セロトニンの量が少ないんじゃないか」
というのが、ここ数年ずっと気になっています。


お日さまの光を浴びないと増えない、と言われて
日当たりのあまり良くない私の家は
閉じこもって暮らすには向かないのではないか…と感じます。

しかし、身体の自由度が低いので
引っ越しなどの思い切った行動に出られずにいました。

そのうち、
「セロトニン量のことでくよくよするのはもうやめて、
瞑想や好きな音楽を聴いたりして、
楽しく過ごすことで増えるかもって考えよう」
と気持ちを切り替えることにしました。
これなら、楽しいこと大好き人間の私には簡単だし、すぐ実行できます。

実際に、そうしていてセロトニンがどれだけ増えるのかはわかりませんが
日光浴ができないことを気にして、
いつまでもぐるぐる同じことを悩んでいるよりはいいんじゃないかな?
と、今は思っています。


セロトニンもそうですが、目に見えない自分の体内の問題。
検査をして数値で見ることができて、良かったら安心するし、
問題があることがわかれば、対策ができます。

でも、問題が見つかった時…。
「対策ができる」と前向きに受け止めることができると同時に
それがコンプレックスになってしまうこともありますよね。

私は、この間の検査で「血清フェリチン値」が低かったことが
少なからずショックだったみたいです。
発覚した当時は何とも感じなかったのですけれどね(^^;)

日が経つにつれて、じわじわと気になる気持ちが大きくなって行って。


そりゃあ、健康診断で検査する度に
今までさんざんお医者さんから絶賛されて来ましたからね(笑)
それを当然!と思う甘えが心のどこかにあったのでしょう。

まずは、その甘えに気付くことができて良かったと思います。
「血清フェリチン値」の低さと共に。


でもね、こういう時こそ…思い出さなきゃいけないことがあります。

私には、まだまだ沢山できることがある。
とれる対策を持っているし、相談できる人もいる。
なにより、「良くなりたい」と望んでいる自分がいる。
そして、この現状にあって「健やかであろう!」と日々がんばっている私の身体。

見えない力、無言の力が私を支えてくれています。

だから、あきらめない(*^-^*)
暗い気持ちになっても、それはあきらめる理由になんてならない。

そして、暗い気持ち、しょんぼりした気持ちになってしまう私自身を
私は責めない。
そんな感情もまた、人間として自然なものだから。


ありのままの自分を、そのままでいいんだよといたわって、
受け入れてあげる。
傷ついている「心の中の自分」に寄り添って、ほほえみかけてあげる。

そんなイメージをするだけで、心のバランスを取り戻し、
安心した元の自分に少しずつ戻っていきます。


家の中にいて、外に出られなくても、身の回りにあるいろんなものやことが
私をなぐさめ、はげましてくれます♪

「あきらめない!」と口にした途端、TVからも
「あきらめない!」ってナイスタイミングで聞こえて来たり(笑)

百合の香りがふうわり…と突然降りてきたり。


そんな時、鏡に映っている自分にほほえみかけます。
いつもありがとう♪って(*^-^*)

振り返れば、そんな一瞬が数え切れない程沢山!
私の毎日をやさしくあたたかく包んでくれている、沢山の恵みに
笑顔で感謝したいです(*^人^*)


そして、このブログを読んで下さるすべての方にも感謝です!
あなたにも私にも、良いことが沢山あるといいですね☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/29 Wed. 12:00 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form