09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

糖質の過剰が人の感情を乱すこと 

アメリカで起きたことが、後から日本でも起きるという現象って
いろんなジャンルでよくありますよね。
食の問題もその典型じゃないでしょうか。


私が昨年の秋からハマりにハマって、毎日見ている海外アニメ
「フィニアスとファーブ」というアメリカの作品の中にも、
随所に
「国民の健康を害する食の問題に悩める、アメリカ合衆国の現状」
が見え隠れします。

フィニアスとファーブ/ペリー・ファイル [DVD]フィニアスとファーブ/ペリー・ファイル [DVD]
(2013/04/17)
ディズニー

商品詳細を見る


(このアニメについて書きたかったんですよねー!いやまじめに・笑)


印象的なのが、
「コーンシロップとココナッツオイルは身体に悪い」
とわかっていて、それらを使って自分の住んでいる「3つの州」の支配者になろうと目論む
邪悪ながらも激しい的外れっぷりがバカワイイ「ドゥーフェンシュマーツ博士」のエピソード。

このふたつの液体を使って市民をジャンクフード依存症に陥らせる計画は、
実行に移す前に自分がその魔力にとらわれて、
計画はおじゃんになるのですが(おじゃんは毎度のお約束です)、
自分だけは依存症にならないように、
身体に良い食べ物として買い占めたブロッコリーに味見のつもりでこの液体を付けて食べているうちに、
大量のコーンシロップとココナッツオイルを一人でたいらげてしまいます。

その後の博士の顔色は、くすんだグレーっぽい緑色がかって、
赤い吹き出物らしいものも沢山できています。
おなかが異様に出て、すぐに疲れて立っていられず、ついには眠ってしまうのです。
(EP50「完璧な結婚式」)


…なんか、見事なまでにコーンシロップという糖質の害を体現してますよね(^^;)

問題は、
「身体に悪いことは周知の事実、前提」
であるにも関わらず、それらが食生活に存在し続けているというところでしょう。
だからこそ、博士の支配計画が笑いになるわけで。

これ、日本だったら笑いになるでしょうか?
そこまで意識がまだ進んでない気がします…私は( ̄∀ ̄;;)


他にも、
フィニアスとファーブ兄弟のストーカーで、隣りに住んでいるアービングが持つ
「薄紫恐怖症」
とか、
(EP86「キャンディスの潜在意識」)

兄弟のお姉ちゃんであるキャンディスが強い緊張のあまり
「はあ…息できない、紙袋どこ?!」
と過呼吸を収めようとしたり(この紙袋の方法、実は過呼吸の間違った対処らしいですが)。
(EP88「どこでもトランポリン」)

このお姉ちゃんが弟たちのすることに毎回過剰反応している様子自体が
ほとんどパラノイアですし
(モールへ買い物に誘いに来た親友に
「ウソ、やっぱりダメそう?」と気遣われる程弟たちが気になって自由に外出できない)、
(EP92「ミープにめぐり逢えたら」)

その結果しょっちゅう前後不覚になるあたりなんて、
単に思春期特有の感情の不安定というだけでは無さそうな…異様な状態です。


しかも、この家には「パニックルーム」という地下室があって、
壊れたぬいぐるみの「ミスターミギンズ」が常駐してます。

お姉ちゃんはパニックが頂点に達すると、叫びながらもこの地下室に直行し、
手際よく梯子を降りて閉じこもりミスターミギンズをひしっと抱きしめます。
普段からよくやってるっぽい手際の良さです。
(EP10「フィニロイドとファーボット」)

過呼吸に関してはもうひとつ、
フィニアスとファーブの仲間の一人であるバルジートが恐怖のあまり起こした過呼吸で、
一同の危機を回避するシーンもあります(物理学的矛盾に頭をひねる結果になりますが)。
(EP42「シャボン玉ボーイズ」)


糖質制限をしていると、ケトン体という物質が体内で多く産生されます。
これが脳神経を保護してくれることは、医学的にはっきりした事実です。

そのため、糖質制限が不安症・恐怖症の軽減に効果を発揮してくれることが期待できます。


きっとアメリカでは、これらの不安症や恐怖症が笑いになるくらい身近な話なんだろうなーと…。

これ、日本のテレビでお笑い芸人さんがやったら
「笑っちゃっていいのかな」「不謹慎?」
と迷うんじゃないでしょうか(^^;)
(やってますか?私地上波テレビやお笑い番組は見ないので知らないのですが…)

たぶん今の日本では、メンヘラという言葉もあることですし
深刻でダークな印象を持つ、扱いにタブーを多く含む類の話題で、
とても笑いのネタにはならないんじゃないかと。

ブラックジョークはあるかも知れませんが…。


いずれは、日本もそうなって行くのかなあ…?

ともあれ、社会問題を笑い飛ばせるアメリカの人々のポジティブパワーは
背負っている問題が深刻であるがゆえに強いものなのかなあ、と
「なにかにつけ悲観的に受け止めがちと言われる日本人」
の一人である私には、
学べるところがありそうな気がします。

フィニアスとファーブ ディズニーチャンネル公式サイト
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/11 Sat. 16:47 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form