05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

バーゲンダッシュとの人生って 

夏よりも、冬の方がアイスクリームは断然おいしい!
というのが私の持論です。


糖質制限と出会って以来、一般的なスイーツというものを本当おぉ~に食べなくなった私ですが…。

それでも、シュークリームとアイスクリームの誘惑には、時々つられます(^^;)
甘いからというよりは、乳製品が好きなもので…。

とはいえ、アイスクリームは買わずに自作します。

シュークリームは作ってみたら、あのシュー皮を作るのに高度なスキルが必要とわかり
何度かチャレンジしたものの…2度と作ろうとは思いません(涙)大変でした。
それに、少しだけど薄力粉を使いますしね。

私のアイスクリームは、動物性生クリームと卵とバニラビーンズ、
そしてラカントSで作ります。
かきまぜる時間を守れば、意外と簡単に売っているようなプレミアムバニラが出来ます。


ところで。
コンビニの冷凍棚で売られている、凝ったフレーバーで有名な、
ステキな季節限定なんかもあったりする、あのワインレッドのカップのアイスクリーム。
フランスパンを焼いたりして糖質摂取が多めだった頃には、
月に2~3回は食べていました。

影の呼び名は「バーゲンダッシュアイスクリーム」です。

あれを食べていた頃は、お砂糖というソフトドラッグにすっかりやられていて

「あーもう、今日はイライラするから食べちゃう!!」
「普段がんばってるんだからそれくらいいいよね、よし私も買って来る!!」
「うふふ~季節限定ゲットするもんね~」
「私も~!!」

なんて、チャットの途中で突然思い立ってはコンビニに走り、
ジャンキー仲間と一緒にひとくちひとくちうっとりと、味わっていたものです…。

あんなに凝ったフレーバーは、私には作れませんが
ラカントSと生クリームだけの甘みでできている、シンプルなバニラで今はじゅうぶんです。


思い返せば、バーゲンダッシュは当時の私には
「しんどい事をやり遂げた後の、週末のごほうびスイーツ」でした。

しかし。
今から思えば不思議です。
どうしてそんなにしんどい毎日だったんだろう…?
そもそもなにを「しんどい」と思っていたのかな??
今と、やっていることも生活スタイルも大きくは変わらない筈なのに。

あの頃は、今よりも数段ストレスの多い日々でした。

愚痴は言いたくないと心では思いながらも、それとは裏腹に愚痴をこぼし合う仲間がいましたし
人生なんてそんなもんよねーなどと自嘲気味な口癖。

うーん…振り返ればこれは確かに、あまり楽しくない毎日ですね(^^;)


かたや、コンビニに行く他の用事すらなくなった今の私。

自然にしているだけで前向きなやる気が湧いて来て、
嬉しいことやラッキーなことほのぼのあったかい気持ちになることでいっぱい、
毎日なにかしら必ず新鮮な発見がある今の私とは、正反対ではないですか…。

いつの間にこんなに変わったのかしら???


あの頃は瞑想を日課にしてはいなかったし、
考え方も観念的で、常に自分に高いハードルを課しては目的意識が強い状態を保っていました。
病気をねじ伏せるべき敵とみなし、まさに「闘病」というスタンスでした。
(今は逆ですけれどね…)

まあ、今の平穏な生活はイメージングによるメンタルケアの成果が大きいとは思いますが、
当時はやはりお砂糖というソフトドラッグに作られた
「けだるい人生」
だったのでは…という気がします。


今、なにか愚痴ってみてと言われても、なんにも思い浮かびません(笑)
ホントーに、周囲に申し訳ない程お気楽な毎日を送っています(*^-^*)

いつの間にか当時の「愚痴仲間」とは疎遠になっていました。
いつ疎遠になったのかも、これまた思い出せない…(笑)

もちろん!今はあのワインレッドのカップを見ても、
なんにも感じませんよ~♪ホントホント!(≧m≦)
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/19 Thu. 19:48 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form