05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

2年たちました 

明日で、東日本大震災から2年。

今製作している100番作品の、センター部分だけを
DPPパターンとしてご提供します(*^-^*)

DPPパターンに関しては、こちらのサイトをご覧下さいませ。

募金先は、
「東日本大震災で被災された人々のために」
寄付金が使われる団体にお願い致しますm(^^)m


小花がブリッジでつながっている、春を意識したパターンです。

ブリッジング(スプリットブリッジ)や、スプリットリングを含みますので、
レッスンに使えます♪

130311-f.jpg

PRAY FOR JAPAN 棗のDPPパターンその6

以下に、作り方手順を記します。
シャトルを2個使いますので、
解説図版を参照していただく便宜上、
センターリングに「青い糸を巻いたシャトル」を使用し、
もうひとつは「白い糸を巻いたシャトル」を使用して
区別しました。
(一色でモティーフを作る際、Aシャトル・Bシャトルと読み替えて下さい)


130311-a.jpg

130311-b.jpg

130311-c.jpg

130311-d.jpg

図版を交えて、少し解説を加えます。

130302-1a.jpg

センターリングから続く1段目ができたところです。
ブリッジングで次の段へ上がっていることが、
最後のブリッジの最後の2目が白糸でできていることで
おわかり頂けるのではないでしょうか。

130302-2a.jpg

3段目のリングです。
リングno.1~4の付いているブリッジを作り終えて、青糸シャトルでリングを作ったところです。
私はその後で前の段とシャトルつなぎしていますが、先につないでから青いリングを作っても同じです。
しかし最後のリングはスプリットリングになるので、この場合は先につなぎます。

スプリットリングを使う四弁の小花付きブリッジの作り方を、
以下の図版でご説明します。

130302-aa.jpg

1.白糸シャトルでリング4つのブリッジ。始めの6目を作ったところです。

2.ここからスプリットリング。青糸シャトルに持ち替えてリングを作ります。

3.白糸シャトルに持ち替えて、5p1を作ったところです。

4.青糸を引いて、スプリットリングを閉じました。

5.青糸シャトルで、先程のリングとピコでつながったリングを作ります。

6.リヴァースワーク後白糸シャトルに持ち替えて、スプリットリング・前の段とピコでつながったリングを作ります。

7.青糸シャトルに持ち替えて、再びスプリットリングを作ります。青・白両方のリングとピコでつないで作ります。

8.青糸を引いて、白糸シャトルに持ち替え、6目のブリッジを作り、前の段にシャトルつなぎして完成です。

スポンサーサイト

Posted on 2013/03/10 Sun. 20:23 [edit]

category: タティングレース

TB: --    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form