09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

食べ放題と聞いた瞬間、思うことは? 

とんと外食しなくなっちゃったので、全然わからないんですが…。


レストランの「サラダバー」って、今もあるんですか?


昔、私が「低インシュリンダイエット」に出会った頃は
よく
「外食ではサラダバーを利用するといいです」
と言われていました。

サラダバーは糖質の少ない葉物野菜が多いので、
食事全体の糖質量を調節しやすかったんです。



ところで、
「食べ放題」とか「ブッフェスタイル」とか聞いて
即「もとをとろう」と思ってしまう人は
多いでしょうね。

でも、その心理って
ちょっとコワイなあと思うんです(^^;)



私は、普段から
「食事は、食べたい時に食べたい物を食べたい量食べる」
ということにしています。

糖質制限、15年前は「低インシュリンダイエット」と呼んでいましたが
始めた頃の私の体験による
お約束なんです。


糖質による依存が生じなくなると、人間の身体は
本当に自分に必要な栄養素がわかるようになるからなのか…。

自然に、いろんなものが食べたくなって来ます。

脂っこいお肉やお魚が美味しいとか。
シャキシャキのレタスが食べたいとか。
理由はわからないのですけどね(笑)
とにかくそれらがすごく美味しい。



人間って、つい習慣で行動してしまいがちなので
食生活においても
決まり切ったものばかり食べるようになることも多いですが。

私の糖質制限は、常に
「今なにが食べたいか?」という自分への問いかけです。

食後のお茶ですら、
いつも手に取る紅茶の缶を見ながら
「ホントにアールグレイでいいの?」などとやってます(笑)



けれど、食べ放題と聞いて
「もとをとろう」という
食欲とは関係ない想念が浮かんでしまうということは…

身体の声をいっさい無視して
頭で考えて食事する、
いえ、頭で考えた通りに身体に食事させることになっちゃうのでは?

頭の考えを、身体に押しつける食事ですね。

そんなことやってたら、身体はなにも教えてくれなくなっちゃいそう。
せっかく健康を保とうと日々働いてくれてるのに。



頭は簡単に騙されます。というか流されます。


誰か、偉いお医者さんが
「○○という栄養が足りない」と言っているのを聞けば
なにやら心配になって来るし、

栄養士さんが
「△△を食べれば効率良く栄養素が摂れる」と言っているのを聞けば
とりあえず食べておこうか、という気がして来たり。

でも、そういうものですよね。誰だってそうです。


だからこそ、私はやっぱり
「自分は今なにを感じているんだろう?」と自問して、
自分の感覚に戻って来たいと思うんです。

あれが食べたい、これはいらない、
あれをしたい、これはしたくない、
そう感じたことを、無かったことにしないで。


そうして自分に向き合っていれば、
「炭水化物を抜いていれば、お肉はいくら食べても食べ放題」
という思い込みで食べ過ぎて
結果いつまでもやせない…なんてこと防げるんじゃないでしょうか。

おちゃずけさんの本「まんがケトン体入門」のP106~P107に
描かれているのが、この例ですよね。



今まで私が出会ってきた
「糖質ゼロならいくら食べてもOK」の思い込みのせいでやせなくて
糖質制限に挫折して行った人々。

その人々の心の深層には、もしかしたら
「やせたい」よりももっと強力な
「食べたい、けど食べちゃダメ」という葛藤があって
それが
「いくら食べてもいい!」ってところに
特別強く反応してるのかも知れないなあ…。


「やせたい」よりも強い「沢山食べたい!」という欲求。

それがなぜそんなに強くなるのか。
どうして「沢山食べたい!」のか。


それに「もとをとりたい」という発想が出て来る理由も。
なぜ、「もとをとりたい」の?
なんのために?

そこに、真意が隠されていそう。



そうだとしたら、私には到底理解するのは不可能だなあ~。

私の心の深層には
「食べたい、けど食べちゃダメ!」も
「もとをとることで得られる意義」も無いんだもんね(^^;)

私は日常が「食べ放題」だけど、
「食べ放題」の意味がちがうんだもんね…。



いっそのこと一度、「食べ放題」してみたらいいですよ!(笑)

食べたいものだけ食べて、食べたくないものはいっさい口にしない、
そして、お行儀も人目も、なんにも気にせず食べ残す、
そんなわがままを。

「ダメ!」ってきつく叱らなきゃいけない程
自分はそんなに悪い子じゃなかったりするから(*^-^*)


もとをとらないことだって、別に罪でも悪でもないし。

案外、禁を犯してみたらどーってことなかったって感じるかも。


…ただし、糖質依存の声は別なのでご注意ですよ~(笑)



スポンサーサイト

Posted on 2017/08/05 Sat. 12:00 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form