10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

ケトン食チャレンジ・2週間後 

明るい日差しがここちよい♪

桜もちらほら咲き出して、次の日曜日はお花見サンデーになりそう?
そんな季節になりました(*^-^*)


ケトン食チャレンジ、あれから2週間が過ぎました。
今日で17日目です。


体重などの数値は、前回の記事のまま横ばい状態です。
一時的に増えただけ、というわけではなかったみたいで。

先日からウォーキングを再開しました。
案の定筋肉がなまっていて、長い階段を登ると
お尻の筋肉がイタタ…ってなりましたが(笑)、
まあまあ快適に歩けました♪


そして、帰宅してのんびりしていたら、
突然の食欲がムラムラッ(笑)

急いでマヨネーズを食べました(^^;)

うーん、とろけるように美味しかった…!!



ケトン食、だいぶ慣れて来ました。

毎日電卓をたたくのがややめんどくさい気はするものの、
もう私にとっては準・普通モードの食生活になりつつあります。

準と付けるのは、
やっぱり「食べたい欲求のままには食べられない」という
制限をしている意識があるからです。

というわけで、慣れて来たこの辺で、
私がどんなふうにケトン食をしているのか、具体的に書いてみますね。


朝食に、いつものセット
(ココナッツオイルラテやアーモンドなどです)を
毎朝一定量を摂って、

あとは
おひるを作る時に食材の重量をきちんと量って
それぞれメモしておき
(たとえば生姜焼きなら、豚ロース何グラムとかキャベツ何グラムとか)

食後に、朝食で既に食べたぶんも含めて
たんぱく質・脂質・炭水化物の量を計算します。


そして、寝る前までに一度おやつタイムをするので

「あとこれだけ食べたら、今日の目標値クリア」になるおやつを
適当な組み合わせで決めて
目標範囲内に収まるように調整します。

計算で、この調整ができて
たんぱく質・脂質・炭水化物それぞれの値が
目標数値になったら、
あとはその日のうちに食べるものを
予定通りにおやつタイムで食べるだけ。


でもね…言うは易しなんですよネ(^^;)

メモに、きっちり計算した「おやつリスト」を書いておいても、
おやつタイムになってみると

「今はチーズよりプレーンヨーグルトが食べたい気分なんだもん」とか
「ツナ缶食べる気分じゃないもん」とか
「やっぱり卵をもうひとつ食べたい」とか。


それでも、計算通りにやらないとケトン食にはならないので、
始めの頃はしぶしぶメニュー通りに食べていました。

けれど、これではいずれストレスが溜まると感じて
できるだけ「ケトン食チャレンジ前の食事パターン」に近づけたメニューに
食欲と相談しながら調整していくことにしました。


まあ…普段の私は食欲野放しで
我慢とは無縁ですから(笑)、
(私の場合は、野放しにしていても糖質制限が成り立つのです)

たまに食べたいものを我慢すると、堪えるものですネ~(^^;)


でも、この辺りは長年の糖質制限のおかげか、
自分の食欲の予想はやればやれないこともないので。

日々変わる食欲パターンを把握しながら
おやつタイムメニューでの調整に頼り過ぎず
(その日に摂っておきたい栄養素の大半はおひるまでで食べてしまうとかで)、

そして、週に一度程度であれば
数値をわずかにはみ出ることも許しながら、

地道にこれからもケトン食を続けて行こうと思ってます♪


ケトン食に出会って、私の身体がどんなリアクションをして来るのか。

自覚できるような体調の変化は、今のところ特にないけれど。


普通の糖質制限よりも、更にハードルの高い「ケトン食」、
そもそも好奇心で糖質制限を始めた私だから
ケトン食に挑むのも、やっぱり好奇心からなんですよねえ…(笑)

ま、自己責任で!(*^-^*)


スポンサーサイト

Posted on 2016/03/22 Tue. 13:35 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form