06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

特別なことなんかじゃない 

忘年会やらランチ会やらと、
なにかと会食の機会が入って来るのが12月ですね。


そういえば、
私の好きな近所のカフェに(そこはイートインのあるケーキ屋さんです)
知人をお連れした時、
ケースの中に沢山並んでいるケーキに

「うわあ~、強烈な誘惑~!」

と苦笑しながら身構えておられて、咄嗟に

「え?なにがですか?」

って聞いてしまいました(笑)


「なにがって…このケーキが!!」
「あ…(やっと意味がわかる)」

うーん、私ホントに言われるまでわからなかったです(^^;)
すっかり、ケーキが食べ物に見えなくなってて(笑)


だって、そこのお店に行っても毎回
私はコーヒーを飲むだけで、
他のものはまったく目に入ってなくて。

私にとっては、コーヒーを飲ませてくれるお店。
それだけなんです(^^;)


そういうお店(スイーツが売りなのに、コーヒーとかお茶するだけのお店)
他にも何軒か思い当たります。
中には、遠くからわざわざ買いに来るスイーツ好きがいるような名店も…。

私って張り合いのないお客ですね(笑)



「忘年会の席は、糖質制限してると気を遣う」という話題も聞きます。
でも、私の場合は全然問題ないです。

ありがたいことに、皆さん好意的に糖質制限を受け止めて下さっていて、
この間はパスタの付いてるイタリアンのコースでしたが
私だけ「お好きなようにオーダーしてね」と
幹事さんがメニューを渡して下さいました。

そして、私のテーブルにやって来たお料理に
興味津々。

「糖質制限って、こういうのでいいの?」
「意外と普通ね~」と
皆さん驚いておられました。


思うに、
糖質制限をしている私自身が
外食でも自由に楽しげに
好きなものをオーダーするのをご覧になっているから、

「食事制限をしている人」
という厳しいイメージを持たれず、
それであれこれと気を遣われずに済むんでしょうね。
私もまったく気を遣いませんし。

まあ、楽しく好きなものを好きなように食べるだけですしネ(*^-^*)


糖質制限をすることって、
している本人にとっても周囲の人にとっても
「特別なこと」
なのかも知れませんが。

私には、
ちっとも特別なことなんかじゃありません。


それどころか、
あまりにもあたりまえ過ぎて
「糖質制限をしている」という意識は無くて、
もう「糖質制限」って言葉すら忘れちゃってるような感じです…(≧艸≦)


でもでも!
ホントに忘れちゃうと、このブログの存在すら忘れてしまいますから(笑)

やっぱり、時には思い出して
「特別じゃないけど、素晴らしい恩恵を沢山もたらす食習慣」
としての糖質制限について
振り返るようにしたいと思います♪

糖質制限がくれる恩恵の特別さは、
ちょっと他には無い
とびっきりの恩恵ですからネ。

何度でも、喜びをかみしめなくちゃもったいない(*^-^*)b☆


いつの日か、「糖質制限」が
世の中でありふれたことになるといいですね。
きっとその日はそんなに遠くないでしょう。

糖質制限と出会えたことに、感謝です♪


スポンサーサイト

Posted on 2015/12/01 Tue. 20:50 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form