08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

祝福 

昨日から、待降節に入りました。
もう12月ですねえ…!

141201-5.jpg

今年もリビングにツリーを出しました。
やっぱりこれがないと。


突然、CATVで放映されている犬のしつけ番組にはまってしまって、
朝に晩にと番組表をチェックしては見ているこのごろです(^^;)
犬飼ってないのに(笑)

脳の領域の中の、感情とか本能とか、いわゆる「古い脳」の反応に
注目して日々暮らしている私は、
ヒトの「古い脳」と、犬との間にいくつも共通点を見出してしまいます。
(もちろんヒトは犬では無いのですけどね・笑)


ドッグトレーナーのシーザー・ミランさんの、犬のしつけ方。

虐待や間違った扱い方で、傷ついたり混乱している犬の心に寄り添い、
毅然とした頼もしい態度で、本来の犬らしい生き方を教え、
問題行動をひとつずつ正していく。

その過程は愛があふれていて、見ていると私までいやされます。

君は犬なのだから、犬らしく生きていいんだよ、
のびのびと、自分の本来の姿に戻って、犬に生まれた喜びを胸いっぱい味わって生きよう。
再スタートする今日が、君の誕生日だ!

犬じゃなくても、そんなこと言われたら、嬉しいです(T▽T)
私も自分に言ってやりたいです(笑)
この世に生まれた喜び!胸いっぱい!

そんな日々を送っている最近の私なのです♪


今年はなかなか本格的な寒さを感じないで、ここまで来ています。

それでも前日より気温がぐっと下がる日には、身体が感知するのか、
わずかに症状の予兆があります。

でも予兆だけで済んでしまって、実際は何も起きないんですけどね(*^-^*)


いろいろな可能性を探って、ああなのかこうなのか、ホントはどうなの?と
考え続けて来ましたが、それをいっそやめてしまってからは、
気分がすっかり軽くなりました。

もう、何も気にしていません。

こんなふうに、あっさりと「やめちゃおう」と思えるようになるまでは、
気の済むまで考え抜くのも必要なプロセスなのかも知れない…と思えます。
病気だけじゃなくて、日常出会う様々な、他の分野の問題についても。

関わる問題はなんであれ、誠実に向き合おう、そんな実直さが自分の中にあることを
ただ認めて、大切にしたいです。

そして私をとりまくなにもかもを、ただ祝福したいです。
それでいいよと。
私はこの世界で、静かに満ち足りているから。


と、そんな安らかな心で今年の12月のスタートを切れることに、感謝です。


健康のことも、糖質制限のことも、遊びのことも、製作のことも、
公も私もあらゆる場面において生じる考え事について、
「いるもの」「いらないもの」を分けて気持ちを切り替えたら、
余裕が生まれて、肩の力が抜けたんでしょうね。

そして、自分が目指す方向もよりはっきりしたと言うか。
心の中は葛藤無く、いつもシンプルに統一しておきたい、と思うようになりました。

そうすれば、「今」に照準を定めていられます。

またなにか考えたい、気になることが見つかれば、
その時は本を読んだり情報を集めて、じっくりと向き合うのでしょう。

そういう活動もまた、生きているからこそ。


生きている。
この冬空の下、ひとりひとりがみんな生きている。

そのことはそのまま、それだけで、最も祝福したい素晴らしい奇跡です。
心がぶれるたびに、その事実に立ち帰って、再スタートしましょう(*^-^*)
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/01 Mon. 11:00 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form