09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

風薫る季節、元気です♪ 

GWは今日で遊びおさめ。また日常に戻ると思うと、残念半分、ホッとする気持ち半分です。


風邪で「朝食前ウォーキング」をずいぶん休んでしまいましたが、今日から再開しました。
トレパンを7分丈レギンスに衣替えしたし!
朝のウォーキングはさわやかで、やっぱりいいですネ♪
このままできるだけ続けて行きたいです。

約1週間ぶりだったせいか、帰宅後の眠気が戻って来ました。
程度はかなり弱くなっていましたが、ウォーキングは日をおかずに続けるほうが
身体が慣れるにはいいんでしょうか。

お昼はいつもより沢山食べて、お肉も野菜もとてもおいしく感じました(*^-^*)
気候が良いのも食欲には影響していると思います。
しっかり食べて、しっかり運動して、そのリズム良い繰り返しができている時が、
今までの経験では私は一番元気でいられます。


昨年11月から「スーパー糖質制限連続記録」をとっていくうちに、
自然と一日の糖質量が20gに満たなくなって、
季節が冬から春、初夏に移った今は、野菜がおいしいので少しずつ糖質量が増えています。
それでも、果物や穀類を口にしないので、野菜に含まれる糖質が増えるだけです。
40gに届かない程度でしょうか。

少ないとはいえ、今までの倍くらいになるので、どんな体感の変化が現れるか、
ちょっと期待しています♪

構成はこんな食生活ですが、すべて我慢や義務感無し、食欲は野放しで、
食べたい!と思いついたものをわがままに食べている状態でこれなんですから、
つくづく低糖質な食生活は常識からかなり遠いものだと感じます(笑)


ただ…時々思うんです。
もしも私がもっと料理をいろいろ作れるなら、
毎日「焼いただけ」とか「炒めただけ」とか、「切っただけ」(笑)
じゃなくて、もっと手料理っぽいものも食べられるんだろうなあ~と(^^;)

一番食べたい「手料理っぽいもの」は、和食なんです。
「○○の煮込み」とかね。

私自身和食で育っていないので、このGWに友人宅でごちそうになった、
友人のお母さんが作って下さった和食に、今まで抱いてきた憧れをさらにつのらせました。
「油揚げと小松菜の煮浸し」おいしかったです…(///∇///)


アーモンドケーキとか、チーズケーキを焼いたりしてて、まともに料理をちゃんとしてる人だと
お思いになるかも知れませんが、実は私は料理が苦手です…恥ずかしながら(^^;)
やむを得ず作れる範囲で作っているのが実情です。

私より、世の単身赴任のお父さんのほうが、よっぽどお料理らしいものを作ってらっしゃるんじゃないでしょうか(笑)

おいしいお肉は味付けをシンプルにして焼くだけでじゅうぶん満足だし、
旬の野菜はあまり調理加工するよりも、フレッシュな状態を楽しむほうが正解な気もしますが、
やっぱり、人の裁量と手間によって作られた手料理にはかなわないなあ…と思います。

そんな私がイマイチ手料理にチャレンジするのに腰が重いのは、
私が深層では「自分ではない誰かの作ってくれた手料理」を求めているからなんです。
特にごちそうでなくても、誰かが作ってくれたものは、ホントにおいしいです。
思い出しても、なんだかじーんと来ちゃいます。

GWが終わってさみしい一番の理由は、私の場合これかも知れません。

せめてアーモンドケーキを焼いて、今度のお茶会に持って行こうかなあ?
これなら喜んでもらえますしネ♪d(*^-^*)b
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/06 Tue. 23:18 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form