09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

秘すれば花とは申しますが 

たまに友人から羽織る物を借りて着ると、
「あ、加齢臭ってこんなにおいだったな…」
と思い出します。

加齢臭…ちょっと書きにくいテーマではありますが(笑)、
糖質制限をしていると肉食に大きく傾く私のような人にとっては
大切なことではないかと思いますので…記事にしますネ(^^;)


私が「これが私の加齢臭か!」と衝撃を受けたのは2009年ですから、
もう5年前になりますか。
その頃ハマっていたラテンダンスエクササイズ「コアリズム」で
たっぷり汗をかいた後、知らないにおいが汗からしているのに気付いたんです。

…?このにおい、なんだろう?
どこかで憶えのあるような。なにに似ているのかな?

私はにおいに敏感だと人からよく言われていますし、鼻に多少の自信はあったものの、
以前どこかでかいだことがある、としか最初はわかりませんでした。


日を浴びている古い畳に寝そべった時のようなにおいに、
「ゆでた後で細くほぐしている時の、鶏のささみ」のようなにおいが混ざっているというか…(笑)

特に不快なにおいというわけではないのですが、
その同じにおいが、ある日私の枕から確認できた時、初めて
「これは加齢臭だね!」
と確信したんです…( ̄▽ ̄;)


これ、どうしたら消せるだろう?と、あれこれ考え、
ローズオイル入りのエチケットサプリメントも飲んでみました。
ローズのサプリは思った以上に効果があって、これはいいネと思いましたが、
やっぱりずっと飲み続けるという選択を取るよりも、
根本から解消する方法を探りたくなりました。

インド料理を食べて汗をかくと、途端に身体がカレーくさくなる私なので、
食べ物が関係しているに違いないと思いました。

インターネットで検索した結果、お肉を食べる代わりにお魚を食べることにし、
食事からお肉というお肉をはずしてみました。
毎日、焼き魚やお刺身です。

これは思惑通りに行き、大量に汗をかいてもあのにおいはまったくしなくなりました。
お肉さえ食べなければ、私は加齢臭と無縁のオバサンでいられるのね、と
喜んだものです。


その頃、私は低糖質なおやつとして「冷凍枝豆」を常食していました。
他の大豆食品とちがって、枝豆はおなかにガスがたまらないので、
私でも安心して食べられます。

ある時フライドチキン屋さんで食事することになり、
久しぶりに鶏肉を食べました。
スコーンなどの炭水化物食品を食べない私ですから、
フライドチキンを3ピースは食べたのですが、
これでまた加齢臭が戻ってしまいました。

その時私は
「やっぱりお肉が加齢臭の引き金なんだ」
と確信を強めたのです。
再びお魚生活を続けました。


しかしその後「冷凍枝豆」に飽きて、食べることが無くなり、
また外食でお肉を食べた時には、加齢臭は戻りませんでした。

結局「お肉+冷凍枝豆」の組み合わせで私の加齢臭は発現する、という結論に達するまで
何度か食べたりやめたりを繰り返しました。


なぜ「お肉+冷凍枝豆」なのか?
枝豆なら他の銘柄でも同じか?
冷凍じゃなくて茹でたてはどうか?
お肉との組み合わせは豚と鶏でちがいは生じるか?
などなど、疑問は沢山生まれましたが、いまだにわかりません。

しかし、食べ物で私の加齢臭が発現するのは事実のようでした。


そして今、私に加齢臭はありません。お肉を食べてはいても。
とりあえず枝豆を食べるのは、お肉を食べている限りやめておこうと決めました。

糖質制限をしていると、どうしても肉食の割合が大きくなりがちです。
ちょっと言いにくいデリケートな問題ではありますが、
いつか同じ糖質制限実践者の方々にこっそりと
この辺の体験を伺ってみたい…と思っています(^^;)

そのうち…オフ会かどっかでね(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/08 Tue. 17:15 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 4

08

コメント

 

なんてタイムリーな話題!
これから汗をかく季節に向かう時期、とても関心のあるテーマでした。
食べ合わせに原因がある、とても興味深かったです。
体臭は自分じゃなかなかわからないだけに、気になりますよね。

仕事柄、香水の類はタブー(そもそも、自分自身が香水が好きではないですし)。
プライベートの時は、エッセンシャルオイルで自作した天然香料のみのオーデコロンを愛用していますが、加齢臭に勝てているのかどうか。
わたしは枝豆はめったに食べないのですが、棗さんと同じ原因で発生するかどうかは不明ですものね~

URL | キジ白猫 #rHat8f7E | 2014/04/09 20:30 | edit

Re: タイトルなし 

キジ白猫さん

コメントをありがとうございますm(^^)m

> なんてタイムリーな話題!
でしょ~♪ちょっと微妙な話題かなあと思ったんですけど(笑)
でも気になりますよね…!
こういう人体実験を自分でやるの大好きなんですよプププ(≧m≦)
だから糖質制限がこんなに長いこと続いたとも言えます…。

私は「棗」というHNを資○堂の「沙棗(SASO)」という香水からとったくらい、以前は香水が好きだったんですよ。
アトピー体質だったので身に付けることはできず、代わりにクローゼットにスプレーしてましたけどね。
今はおかげさまで自由になりましたが、食べることが大切な趣味なので(笑)、食事の席でもじゃまにならないウォーターベースの白桃の香り一本になりました。

http://www.orbis.co.jp/small/1601020/
ウォーターベースはすぐ香りがとんじゃうし、食べ物の香りなのでどなたにも受け入れてもらえます♪
でも「恋人接近」くらいの距離じゃないとわからないかも(笑)
完全に自分の楽しみとしてのみ付けてますね~。

URL | 棗 #- | 2014/04/09 21:27 | edit

 

沙棗(SASO)、わたしも一時期愛用していました!
あと、一番長く使っていたのはディオールのデューン、他にはディオリッシモやジャドール、エコーなんかも…
それがある時期から、何故か香水がダメになりまして。

自作のオーデコロンも、完全に自己満足的な香りです。
香りそのものが弱いですし、あっという間に飛びます。
ご紹介いただいた香り、試してみたいです^^

URL | キジ白猫 #rHat8f7E | 2014/04/09 22:06 | edit

Re: タイトルなし 

キジ白猫さん

> 沙棗(SASO)、わたしも一時期愛用していました!
> あと、一番長く使っていたのはディオールのデューン、他にはディオリッシモやジャドール、エコーなんかも…

アハハ(≧∇≦)けっこうお好きだったんじゃないですかあ~(笑)
「沙棗(SASO)」は重ための甘いセクシー系でしたけど、若い頃は大人の女に憧れていたんです(///∇///)
シャネルの「COCO」も好きでした…背伸びしてましたね。

実際マダム世代になってみると、つけるのは全年齢タイプの可愛い香りなんですから笑っちゃいます(^^;)
若作り志向だわ(笑)

あのリンクをはってご紹介した香りは、もう何年もリピートしてます。素っ気ないくらい軽いので使いやすいですよ♪

URL | 棗 #- | 2014/04/09 22:24 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form