07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

春はすぐそこ 

土・日と、おうちでのんびりできたので、自然と外に出たい気持ちになって
今日は午前中にいつものウォーキングコースを歩いて来ました♪

ちょっと来ないうちに、梅が満開、沈丁花も香りたっぷりで
お日さまの光がサンサンに降り注ぐ中を歩くのは、
本当に気持ちがいいですね~( ̄∀ ̄*)


糖質制限をしてみると、多岐にわたって様々なことを
しかも思いがけないことを、身体から教えてもらえます。
わかっているつもりでも、いかに自分が自分の身体のことを知らなかったか、
知らないでいるかがわかります。

まだこれから知ることが沢山あるだろうことも。

それはおそらく個人個人で少しずつ違っていて、そのちいさな違いが「人間」という生き物の
個体差・個性で、多様性を持っていることを物語っているのでしょうね。


人間という生き物が潜在している「多様性」について想像をめぐらす時。

それは人体を研究していくことの複雑さをもたらしているのでしょうし、
研究する人はそれだけ沢山のことを考える必要があって、大変なのでしょうが、
私はむしろこの多様性が楽しくなって来るのです。


神さまは、なんて精巧で見事なしくみを持った生命体を、
しかもひとつひとつに個性を持たせておつくりになったのだろうって!

ここかしこに、愛と思いやりを込めながら、ていねいにつくっておられる…。

私は神さまを信じている人なので、
人間以外にも、道ばたのちいさな一本の草を見ても、
神さまの愛情のあとを見る思いで、ため息が出ます。

神さまはなにを思ってこのちいさな草の生命維持システムを創って下さったのだろう?

成長はこうして行いなさい、種はこうして飛ばしなさいね…って、
一本の草のちいさな体に、いつくしみのまなざしを注いで、
沢山の思いやりのこもった生体システムを載せて下さった。

そしてそれは道ばただけじゃなくて、全世界の、全地球の生物に
わけへだてなく、大きな愛と一緒に持たせて下さっている。

もちろん、この私にも…そして、この星に生きているすべての人々にも。

だから、そのポジティブで力強い
「生きよう」という本質を持つ「いのち」が
誰の中にも、どの生き物の中にも、その力をうちに秘めて存在しているんですね。

心がふるえる、感動的なことです(///ω///)


春は、ことさらに「いのちの力」を強く感じられる季節ですね♪
今年の春はいちどだけ。
人生もいちどだけ。

生まれて来たからこそ、春の美しさを味わえますね。
生きていることの喜びを、共に謳歌しましょう☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/17 Mon. 14:14 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form