08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

出会った人は、皆天使 

最近、また自分を省みる時期が訪れているのかな…と、なんとなく感じています。

私になにか新しいことを教えてくれたり、
或いはふとした何気ない出来事によって、意図せず私に気づきを与えてくれたり。

そんな「天の使い」のような人々が、はっとする言葉をかけて下さるこのごろです。
そういうことがないと、つい考えがひとりよがりになっちゃいますものね(^^;)
私が手にしたいと思っている未来はなんなのか、時々は立ち止まってよく確認したほうがいいみたい。


先日、
「あなたもしかして、パニック障害治ってるんじゃない?」
と、友人に指摘されました。

えっ?えっ??そうかな??
とうろたえ…。

でも…そうです、確かに、食器を落として大きな音が響き渡った時。
以前なら「キャー!!」と叫んでうずくまり、耳を押さえて固まったまま口もきけなかった私が。
一瞬びっくりしたものの、平静を保っています。
あれ??

…治ってるのかな?!O(≧∇≦)O


お話変わって。

病院の待合室に座っているだけで、
「あなた一人浮いている」と言われる程、
お医者さんから見ると、血色良く健康そのものな私です。

でも、漢方薬を毎日飲んでいるし、無症状ではありますが一応「橋本病」の経過観察を申し渡されています。

血液検査の数値では、
たとえばLDLコレステロール値と中性脂肪値が、以前に比べて高いところで推移するようになったのですが、
(これは甲状腺の影響だそうです)
「全然問題ないよ、かえって前よりも馬力が付いたぐらいに思っていていいよ」
で、私の心配は一笑に付されて、診察終わりです。

甲状腺の異常が出たのも、
「歳をとることで、人はいろんな所に不具合が出て来るけど、それは誰にもあること。
あなたの場合は甲状腺だってだけだよ」
という説明で、治療に入ること無く来ています。

心療内科でも、
「本当にすっかり良くなって…調子のいい時は、そろそろ漢方薬を減らしてもいいかもね」
と、ほめられます。

どうやら、心配しているのは、私だけなんですよね(笑)

そう、あまりにも以前が具合悪かったから、今の変化は本人よりも周囲の人の方に
はっきりと見て取れるのかも知れません。


心療内科では、「森田療法」という治療を受けています。

自分の心の強い所と平等に、弱点もありのまま認めて、自分自身をやさしく受け止める。
心の弱点は誰にでもあり、私の場合はそれが症状として表れているので、
その弱点をいたわりながら、うまく付き合って行くことを目指しています。

私はさらに「ありのままにならねばと、とらわれる」ことを避けるために、
自分で判断して「自己肯定感」を高めるイメージワークを習慣にしています。

そしてなによりも、20年来のカトリックの教えが、
臆病さから病気であることを認められず、弱点から目を背けて自分に無理を強いて自らを苦しめていた、
観念的で頑なな私の気質を、時間をかけてやわらげてくれました。

ここまで来るのに自分もがんばったけれど、やはり周囲の支えが無かったら、
今の私はいなかったでしょうね(*^-^*)

だから、私よりも周囲の人のほうが、私について客観的に正確な判断をして下さるのでしょう。


前回の記事で「デパスを飲んだら効いた」と書いたことで、誤解されてしまうかも知れませんが、
私はデパスという薬を、全肯定してはいません。

ただ、「デパスでなければ今を切り抜けられないという、この現実」をそのままに見つめ、
それしか方法を持たない今の自分を責めずに、
私がおかれているこの状況を、今はただ容認しよう、と思っているだけです。

そして、いつか完全に断薬できる日が来るまで、諦めることなく、
デパスに頼らずに苦しみを切り抜けて行くことが可能な
今はまだ出会っていない未知の方法を、
さらには、今あるこの苦しみそのものを自分に味わわせずに済む方法を、
希望を持って忍耐強く、これからも探し続けようと思っています。

そのために、私は何度でも、自分を省みて新たにして行きたいです♪


病を得たことは、私にとって、自分の弱点と勇気を出して向き合い、
自分も他人もいたわることを学ぶ機会になりました。
そして今はこう言います。

「病気だってなんだって、いいじゃない?私は私、ホントはすごい生命力を持ってる!
生まれて来たって、生きてるって、素晴らしいことなの!」

最近出会った天使さんのひとりが、与えてくれた啓示です(*^-^*)
ありがとう☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/05 Fri. 15:48 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

05