05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

時は流れてますネ 

先日は、正午過ぎまで外出していて強い紫外線に当たったため、
デコルテと頬が赤くなってしまいました。

症状があって家にこもりきりで、お日さまの光に当たることができず
このまま骨粗鬆症になったらどうしよう…と悩んでいた頃の暗い気分を思えば、
笑いとばしたくなる出来事です(*^-^*)


ところで、私が先月知り合ったばかりの方で、糖質制限のお話をちょっとしたことのある方が、
「やせちゃった!!」
と喜びのご報告をして下さいました!

確かに、お顔がひとまわりちいさくなっています!(*^▽^*)

主食をそっくり抜いただけで、糖質を計算してはいないそうですが、
「こんなに効果があるなら、お砂糖もやめる!」
とやる気満々でした(笑)

頬のあたりがすっきりして、喜びに笑顔も輝いていて、ホントに素敵です(///∇///)
「よかったね!」「スゴイ!」「どーやったの?!」と盛り上がって、皆さん興奮気味(笑)

この光景は12年前と同じです。
しかし、昔とちがって糖質制限に否定的な意見も目立つ今、
ひとりくらい「身体に悪いんじゃない?」と言う人がいてもいいようなものです。

ところが、私の予想に反して、
私が糖質制限の話題を口にして得られる反応は「教えて!」というものばかりで
「大丈夫なの?」と心配する人はひとりもおられません。

いっそ「偏った食事内容だとかって、不安を感じたりしない?」とこちらから聞いてみましたら、
「いや別に」「全然」…顔を見合わせてきょとんとしています。

「糖質制限に反対する人も、TVに出たりするんでしょう?」と聞いても、
気にならないそうです。
「ああいう番組に出てる人は、いろんな事を言うものだしね」ですと(^^;)
さすが、健康番組を見慣れるとこういう見方になるんですね~。

と、その時の話を友人にしたら、
「やっぱりあなたが言うからっていうのが大きいと思う。見りゃわかる、論より証拠でしょ」
と笑われました…気にすることなかったですネ(笑)


糖質制限を始めたばかりの方とお喋りしていて、話に花が咲くのは
普段食べている食品の使い勝手の、些細なちがいについてです。

先日は、個包装のクリームチーズのことが話題になりました。
某メーカーのクリームチーズは包みをむくのが上手にできなくて、
必ず角が欠けちゃうし、指先が汚れるけど、
別のメーカーのは角がきっちりときれいにむけるから気持ちいいし、
チーズに触れずに食べられるから、そっちばかり買うようになったと(笑)

言われてみれば確かに、むきやすいという使い勝手の良さは
毎日のことなら気になる点です。

私もチーズは好きで、いろいろな種類を買い揃えて日常食べていますが、
種類によってパッケージもそれぞれ形がちがうので、つい開けやすいものを選びがちです。

容器のふたをむくのに力の要るカマンベールよりも、
はさみでちょっと切ってすぐ取り出せるモッツァレラのほうが、早く買い置きが減ったりして(^^;)

まあ、カマンベールの容器もむかずにはさみで穴を開ければ、取り出しが楽ですけれどね。

そんな些細な使い勝手のちがいがあるから、売り上げにもそれが影響して、
パッケージデザインの研究がされるわけですね。


コンビニの低糖質パンも、定着して今では普通に買いやすくなっていると聞きました。
食味もかなり変わったらしくて、私も試しに食べてみましたが…。
やっぱり私には必要無いみたいです(^^;)

いずれにしろ、糖質制限が食品の商品開発に与えている影響を知ると、
これからどうなっていくのか、いろんな意味で楽しみです♪
もっとおもしろい低糖質食品も誕生してくるかも知れませんね!

そうすれば、またお喋りに花が咲くことでしょう☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/15 Sun. 14:10 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 4

15