03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

炭水化物を欲しがる気持ち 

明日から世の中はGWに入るんですよね?
まだ先だと思っていたので、ちょっとビックリです(汗)

とはいえ、私は家で普段通りのんびりしていると思われますが(*^-^*)

私のGWと言えば、ロマンスカーと踊り子号を乗り継いで「熱川バナナワニ園」に遊びに行くのが
お約束だった頃がありました。
一時病が重くなって、それ以来ごぶさたです。
また機会があったら行ってみようかな~♪
昭和なムードが伊豆のゆったりした雰囲気と合っていて、
子供の頃伊豆によく遊びに連れて行ってもらっていた私には、大人になっても懐かしい土地です。


ストレスのケアをきちんとしてあげたら、常ならぬ「炭水化物を欲する気持ち」が
きれいに消滅しました。
私ってホントわかりやすい!(笑)
素直に反応する自分に、自分で笑ってしまいます(^^;)

こういうことがあるたびに、しょせん炭水化物なんてそんなものよネ…と思います。
炭水化物は健康な食生活には、必須では無い食べ物です。

糖質は、肝臓が糖新生で作ってくれているのだから、外にあるのを食べなさいと
身体が言わないのは当然のことなのですよね。

糖質制限って、なんてナチュラルな食のライフスタイルなんだろう、と改めて深く納得します。

アーモンドケーキ、もう食べたくなくなりましたので(笑)、昨日のお茶会に全部持って行って正解でした♪


それにしても、ストレスの解消を怠っている時に突然欲する炭水化物食品って、
私の場合たいていいつも同じ物なんです。

まず、パンの類ではクロワッサンです。スイーツは圧倒的にシュークリーム。
そして、必ず出て来るアイスクリーム。

アイスクリームは、ホント昔から大好きでした。
道を歩いていて、なにかと言えばアイスクリームショップ。
もちろんシングルコーンなんて注文したことありません(笑)
ダブル以上で、お店によってはワッフルコーンで、おなかいっぱいになるような量が
基本でした。

どれも、他のパンやスイーツに比べれば小麦粉は少ないので、
私は粉ものよりも「お砂糖+油脂」の味に魅力を感じるんでしょうね。
麺類が食べられなくて淋しい、と思った事がないので…。

クロワッサンは、手作りしてみるといかにバターが多いかわかります。
あれを「食べたい」と感じる時が来たら、
私の場合はバターをひと切れ食べて自己肯定イメージワークが
ベストな選択です。


ストレスがかかると炭水化物を食べたくなるメカニズム。

これはたとえ糖質制限下であっても発動してしまう。
ということは、逆も言える?

「炭水化物をやめているのがつらい」という場合は、
積極的にストレスのケアをしてあげて、自分をうんといたわって、
ヨシヨシしてあげると、もしかしたらつらさが解消するかも?
なんて、ちょっと思いました。

でも、「身体表現性障害」で炭水化物への依存が起きているなら、その程度では無理かも知れないけど…。


私、時々思うんですが。

「炭水化物をやめるのがつらい」という方は、よほどの理由が無い限り、
無理に糖質制限にしがみつくことはないのでは?と。

私自身、食べる楽しみに我慢が出来ない性質なので、
食べたいものを食べられないストレスと共に生きるって、
厳し過ぎてとてもやっていく自信はありません( ̄□ ̄;)

私が絶対無理なことを、人様にお勧めする気にはどうしてもなれないです。
病気があって命がかかっているなら別ですが。

やっぱり人生は楽しまなくちゃ。

案外、思い詰めるのをやめた途端にコロッとうまくいくって、他のことでもありますよね。
それだけストレスとか執着心って、強力な足かせなのかも知れません。


普段お気楽に暮らしている私も、たまにストレスにさらされて炭水化物に悩まされてみると、
こういうことをしみじみ考えたりするのでした。

糖質制限をするもしないも…どちらにしても、ストレスは見くびっちゃいけませんね!
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/25 Fri. 17:42 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

25