03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

こわい、という心理の不思議 

今日の午後、雷が鳴りました。春雷ですね!春ですね~(*^-^*)

なーんて言ってますけど…。


6年、いえ今年の6月で丸7年になります、
「パニック障害ですね」と診断されて、治療が始まってから。

十数年前に、私はある天災に被災して、奇跡の生還を果たした経験があります。
被災の瞬間、私の隣にいた人は、顔と腕を何針か縫う怪我をしましたし、
内臓破裂の重体で運ばれた人もいましたが、
私はかすり傷ひとつありませんでした。

「よく生きてたね」と友人に泣かれました。
自分でも、後で被災の跡地に立った時は寒気がしました。


私の「パニック障害」は、その時のPTSDが原因で起きている、と
カウンセリングでつきとめられました。

今はもう滅多にないことですが、突然思いがけず大きな音がすると、
びっくりして何分もそのまま、凍り付いたように固まってしまうのです。
頭の中はなにも考えられず、真っ白です。
やっとひとことふたこと喋れるまで落ち着いても、
その後どっと疲れて、何時間も眠ってしまうのでした。

発病したのは、糖質制限を始めて4~5年後ということになりますが、
いくら糖質制限でも、この発病は防げなかったんでしょうね。

当時、私は非常にストレスの大きな仕事に就いてもいました。
(あとになってかかりつけ医に「普通はうつ病になるかすると思う、劣悪な環境」と言われました・笑)
生来負けず嫌いな、意地っ張りでがんこ者でしたから(本当です・笑)、
苦しくても絶対後には引かない性格が、余計に自分を追い詰めた結果だと確信しています。
(こう書くと今の私ってホント正反対です…)


「パニック障害」「身体表現性障害」これらの病気がわかった後で、
いろんな恐怖症が出て来ました。

比較的早く克服できたのは「雷恐怖症」です。
雷が鳴り始めると、徐々に顔色が真っ白になり、気が遠くなりかけるほど
怖かったんですが、ある日突然なんでもなくなりました。

そして、耳に詰めるタイプのイヤホンが怖くて付けられませんでしたが、
これもある日気がついたら平気になっていました。

なぜ怖かったのか、当時も今もわかりません。
ただ、平気だと思って付けていても、だんだん理由のない強い不安におそわれるので、
とても付けていられなかったんです。

これらはすべて「音」に関する恐怖症と言えると思いますが、きれいに無くなりました。


治療が始まった頃は、パニック障害によく言われているような
電車・バス恐怖やエレベータが怖いというのもありましたし、
あまりにつらい時は玄関から一歩踏み出すことすら苦痛でしたが、
これらも今はほぼ無くなりました。

乗り物は、乗り換えなどがあって乗ったままの時間が長くならなければ、
そして知っている人が同行していれば、まったく平気なようです。

いまだに怖いのは、健康診断で乗るレントゲン車の、
あの狭くて事務所のロッカーのように細長いレントゲン室です。
それからMRIの、あのかまくらみたいな検査機器、絶対ダメです(汗)
一度えらいめにあって以来懲り懲りです( ̄□ ̄;)

レントゲン室はともかく、MRIは、
「この先病気をしなければいいよね!」と思うことにして(^^;)、
これもまたある日突然平気になる日が来るのを、待つことにしています。


ただ…これはなんとしても克服したい、できるだけ早く、と思っているのは
「飛行機恐怖症」です。

実は私は、昔から飛行機が大好きで、
航空自衛隊の入間航空祭は毎年行っていますし、
複葉機も好きでモケ女だったこともあるくらいなのです。
海外出張での長時間フライトも、かえって楽しんでいましたし、
とにかく「飛行機」というものを昔から愛しているんです。

その私がまさか…飛行機に乗るのが怖くてできなくなるなんて、
自分でもあり得ない、理解できないことです( ̄□ ̄;)

でも、乗ると決まってから出発の日まで
胃痛・吐き気・不眠・食欲不振のオンパレード。
ホントに体力が底の底まで奪われて、ヘトヘトになってしまいます…。

飛行機のなにがそんなに怖いのか、まったく自分でもわかりませんが、
ともかく潜在意識の自分がそこまで怖いのなら…と、これもまた
しぶしぶながら平気になる日を待っています。

恐怖症って、不思議ですよね…!

でも、雷が鳴る度に平気になっている自分に気付いて、
こういうこともあるのだなあーと感心しているのですから、
飛行機だってあっさり乗れる日が来るのだろうと、希望は捨てていません。


糖質制限は、うつ病などの精神疾患にも効果があると言われていますから、
恐怖症にも効いてくれればいいなと期待しているところです。

あ…でも音に関する恐怖が無くなったのは、長年の糖質制限継続の効果?
だとしたら嬉しいです(*^-^*)

私と同じ病に悩む方にも、私の例が朗報になるといいな♪


今でも、騒音の多い場所では「知らないうちにつのる不安」を防ぐために
ノイズキャンセリングヘッドフォンをかけて歩きます。

いつかこのヘッドフォンともバイバイする日が来るかしら…☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/06 Sun. 16:50 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

06