02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

糖質制限推進の本当の敵 

2002年4月に糖質制限に出会って、単なる気まぐれからスタートし、
見る見る大変身を遂げて以来、いつの間にか
糖質制限体験を「お伝えする立場」になって行った私です。

今まで
「おもしろいし楽しいから、やってみたい方にはお教えしますよ♪」
というスタンスで来ましたし、今でもそれは変わりません。

しかし、12年経ってみると、
「病気治療のために」という目的で糖質制限に取り組む方々や、
有効な治療方法として糖質制限を推進する医療関係職の方々が多くおられる
ということを知りました。


私が趣味のつもりで続けて来た糖質制限が、人の命を救ったり
人生のQOLを向上させたりしている…その現実に圧倒されたと同時に、
計り知れない可能性を持つ有益な食習慣という側面が
私の中で大いにクローズアップされて来ました。

12年前の私には、想像も出来ないほどの変わりようです。

そしてこれからも、もっともっと思いがけない未来がやって来ることは間違いないだろうと、
糖質制限をテーマに出版された書籍の発行数によって
確信を抱くことができます。

もはや、一時のブームで終わるなんて段階ではないのでは…?

反論もありますが、反論される機会が多ければ多い程、正当性を主張する好機になりますし、
それだけ推進する立場の方には有利なのですから。

反対派様々かも知れないですね(*^-^*)


私はTVを(ディズニーチャンネルしか)見ない人間なので(笑)、
糖質制限をめぐってバトルする番組も見たことはありませんから、
その様子は人から伝え聞くだけですが、見なくても大いに納得です。

糖質制限の有用性に確信を得ている人なら誰しも、
反論する人に対して大げさに激高する理由なんて、見当たりませんよね。
(激高しているのは反論側だったりするらしいですが)

まあ、視聴者にインパクトを与えるためにはいっそバトルになった方が効果的だとは
私も思います(笑)

糖質制限の恩恵のひとつに
「キレなくなる」
というのがありますが、番組に出ない一般人の私達なら
せっかく糖質制限で心が穏やかになったのですから、
「反論する人」にも「勧めても受け入れてくれない人」にも
おおらかな気持ちで接して差し上げたらどうでしょうね…と、
私は思います。

打開できない時は、自分を見つめ直すまたとないチャンスです。

執着を手放した時初めて、欲しかったものが手の中に飛び込んでくることって
あるものですよね(*^-^*)

本当の敵は、糖質制限反対派の人々ではなく、
「無理矢理にでも人を従わせよう」
という自分の支配欲かも知れないですね。
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/26 Wed. 18:10 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 4

26