02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

チョコレートとバターとmy honey 

実は私は「世の中で最も美味しい物はチョコレートだ」と思っていた頃がありました。

もちろん今ではまったく口にすることはありませんが、それでも
「チョコレートの持つ芸術性」
はとても高尚なものだと思っています。

ゴディバとヘネシーがあれば、いつもご機嫌。
昔の私はそんな人でした。


朝食前にウォーキングをするのが習慣になって、エネルギーを補給する必要を感じてから、
夕方コーヒーと一緒にバターを一切れ食べるのが日課になりました。

このバター、私の好きな銘柄を買い置きして食べているのですが、
昨夜ふと
「このバターのおいしさって、チョコレートの中にも共通するものがある気がする」
と思いつきました。

冷えたバターの、やわらかくも微妙にかたい歯触りはプラリネっぽいし、
口の中で体温で溶けるところも同じだし、
チョコレートにも脂肪分が多く含まれているし。

もちろんチョコレートのあの高貴な香りや、セクシーなほろ苦い甘さにかわるものは
バターには無いけれど、
チョコレートを食べない今の私には(たとえ糖質制限仕様であっても、今はまったく食べません)、
バターの中にチョコレートの面影を見ているふしもあるなあ、と感じます。

今は甘い物はほとんど食べなくなりましたからね。
バターは「甘くないからいい」んです(笑)

同様の理由で、クロテッドクリームも大好きです。


チョコレートの香りも、バニラの香りも、さくらんぼの香りも
大好きな甘い香りだけれど、今や好きなのは「香り」だけ。
カサブランカや、スイートピーや、フリージアの香りのように
ただ「香りの甘さ」でうっとりできればそれでいいのです(*^-^*)

糖質制限で味覚が変わって、「甘い物を食べる幸せ」は手放したけれど、
その代わりに手に入れた多くの恩恵がもたらす幸せは、
比較にならない程大きく素晴らしいので…私はいっこうに構いません♪

この世界は食べ物の他にも、ステキな「甘いもの」で満ちています…( ̄∀ ̄*)

「甘い」って、うっとりする素晴らしいものに付ける言葉ですよネ。
欧米の人は彼氏・彼女を honey とか sugar とか呼ぶし。

甘い物、糖質は、古今東西多くの人の脳をうっとりさせて来た証かも知れないですね。

血糖値を大きく上下させるという悪ささえしなきゃ、ねえ~(笑)
惜しいわ。

でも、いくら甘くてもインシュリン追加分泌のない「甘いささやき」なら
大丈夫(///∇///)←顔は赤くなっちゃうけど…ネ!
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/25 Tue. 18:18 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 2

25