02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

我が心 明鏡止水 

されどこの掌は烈火の如く…。って違います!

Gガンで検索していらっしゃった方ごめんなさい、まったく無関係な記事です(^^;)


長く糖質制限をしていることで、この食習慣が人体にとって自然なことなのだという直感が得られたのが、
私が安心感を持って続けて来られた大きな理由だと思っています。

もちろん他にも続ける理由は沢山ありましたが、やはりこの直感が一番力がありました。

「身体が喜んでいる」という感覚がどういうものか、つかまえられましたしね。


糖質を摂る量をぐっと減らすと、身体の中にあるひとつのスイッチが切り替わるのがわかります。
簡単には、
「体内の主動力が、糖質動力からケトン体動力に切り替わる」
という説明ができると思いますが、その感覚は体験してみて初めてわかります。

とても言葉では言い表しきれないような、ステキな体験なのです☆

私はこの感覚を味わうのが大好きなので、去年までは年に何回か
わざと糖質を数日かけて徐々に増やし、糖質動力が定着してきたことが実感できたら、
ぐっと糖質を減らして、ケトン体動力のスイッチに切り替える
ということをして来ました(^^;)

この、なんとも爽快で、身体の中を澄んだ風が循環しているような、
関節という関節に、動きを補助するベアリングが付いたような…?

とにかく、身体中に力がスムーズに巡っている感じがするのです。

椅子から立ち上がったり、階段を登ったりするだけで、
いつもと違うことがはっきりとわかります。
まるで、
「背中にはえた翼が揚力を利用して、身体が軽々と動いている」
かのような(笑)、ふしぎな力が生まれている感じなのです。

実際、力持ちになっていますしね…。
動かせなかった重い段ボール箱を、あれ?持ち上げちゃった!なんてね(笑)


この感覚は、糖質制限で初めて出会えたものですが、誰にでも起きるというわけでは
無さそうです。

私も、かなり大幅に糖質を減らした時じゃないと起きません。
だからわざと糖質を徐々に増やしてから、ガクッと減らすわけです。


今は「スーパー糖質制限」のレベルが日常の摂取量になっているので、
この大きな「動力切り替え」は起きようがないです。
まあ身体のためには常時ケトン体動力でいる方が、いたわってると言えますね。


でも、あの気分の爽快さ、集中力の高さ、
目覚めたばかりのように意識がキラキラに冴えた感じ。

力がみなぎっているのにニュートラルで、余分な力が抜けていて、
体中の皮膚が中心(みぞおちのあたり)に向かって、きゅっと引き締まっているような、
心身共に老廃物を日に日に脱ぎ捨てているような…。

あの感じは、自分の身体が持っている本来のポテンシャルを見せつけられるような
驚くべき素晴らしい感覚です。


サイヤ人がスーパーサイヤ人になるのって、こんな感じに近い…?
まあ私はサイヤ人じゃないですが(≧艸≦)

あの感覚を体験すると、ちょっと世界が変わって見えるんじゃないでしょうか♪
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/16 Sun. 14:10 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 8

16