01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

糖質制限の力で、自由になり前へ進む! 

デパスを最後に1/3錠飲んでから、今日で10日経ちました。

本当に、もうまったく発症しないまま、毎日が過ぎていくのです( ̄∀ ̄*)
不思議な気分です…♪


胃のムカムカや食欲不振が原因のエネルギー不足で、真冬はいつもだるくて
一日に何度も横になって過ごしていたのが、今年はウソみたいです。

不快な症状に邪魔されることなく、したいことが存分にできる一日。
と書くと当たり前のように感じますが、長い間私には望んでも叶わないことでした。

とにかく、なにを置いても、この寒さをストレスに感じているであろう
自分の身体をいたわることを最優先に、この数年冬はおとなしく暮らしていました。

その私が、今年は大雪が降っても気付きません…!

百合が咲けないほどの低い室温でも、平気で暮らしています。
先日、床暖房の目盛りをひとつ上げてみたら、百合は次々開花しました。

一度に咲いたカサブランカを花瓶が支えられなくなって、倒れそうなので
一輪ずつ切り離してコップに分けていけました。
リビングのあちこちにひとつずつ置いたら、グリーンがかった甘い香りが部屋中に満ちて…。
もう最高…( ̄∀ ̄*)

症状が起きなくなった私を、まるで祝福してくれているような…♪


今朝気付きましたが、いつの間にか深夜の動悸の症状も消えていました。

この症状は「寒さストレス」で起きる身体表現性障害の新しい症状なのか、
それとも甲状腺のせいなのか、
結局わからないまま…解消しました。


振り返れば、デパスに出会った6年前。

「ともかく、効くということを確かめて安心して下さい」と言われて飲み始め
気がついたら6年も経過していました。
頓用の薬をそんなに長い間毎日飲むことになるとは思ってもみませんでしたが、
効きもしない胃薬や乳酸菌製剤を飲み続けてごまかす日々からは解放されました。

その頃は、突然具合が悪くなって、激痛のあまり夜間救急に飛び込むほどひどかったこともありました。

わけもわからず、いろんな科を次々受診してはどの検査も異常なしで、
むしろ医師からは健康で若い検査結果をほめられ(正直、嬉しいよりも残念な気持ちでした)
どうしていいかもうわからない…という時に紹介されたのが、心療内科でした。

デパスはまるで魔法のように、私の不快症状を消し去ってくれました。

しかし、本来は頓服として利用する程度が望ましいとされる薬…感謝はするものの
いつかは断薬したいと感じていました。


それが、ふとしたきっかけで出会った方に漢方薬「半夏厚朴湯」を紹介して頂き、
さっそく始めた漢方治療がうまく効いてくれて、結果デパスにとってかわる薬になりました。

デパスのような薬につきものの「依存性」の心配のない漢方治療だけで
身体表現性障害に対処できれば、私にとってそれは理想型です。

「スーパー糖質制限+半夏厚朴湯」この組み合わせのおかげで
今の私があるのだと感じています…!


今や「半夏厚朴湯」さえ飲んでいれば、症状に邪魔されずに自由に行動できる。

いよいよ私の人生が再スタートできるかも知れない、瀬戸際に来ている、
そんな言い表しようのない期待感にそわそわしながら、さて何から始めよう?

ここまで来たら、次は「真夏の症状を克服できるか」です!

そう、真冬の寒さがストレッサーであるのと同じく、
真夏の暑さも私の身体には大きなストレスで、真夏特有の症状があるのです。
これが、今年の夏はどれくらい楽になっているだろう…?!O(≧∇≦)O

思いがけない素晴らしい展開を目の前にして、改めて
私を取り巻く環境や、周囲で支え関わって下さるすべての人々に
心の底から深い感謝の念が静かに溢れて来ます…(T▽T)

なによりもまず、あきらめなくて良かった…!

糖質制限の恩恵、涙が出る程嬉しい大きな恩恵に、この夏出会いたいです☆
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/16 Sun. 14:57 [edit]

category: 糖質制限

TB: --    CM: 0

16