05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

Piacere 棗のタティングレース・2005-2013 

拙いながらも、webで独習作品を公開するようになったのが2002年のことでした。


HPからブログに移行して週一回、
その週に作ったものやその時点での途中経過画像を
ご覧頂くかたちになったのは、2003年からです。


2012年から、オリジナルパターンのみの創作の道を歩み始めました。

(受注製作品は現在web公開しておりません)



今では過去のブログは更新しませんが、
こちらのFC2ブログに、今までの沢山の画像を再編集して
簡便にご覧頂けるようにしてみました。

今見ると稚拙で、苦し紛れで(笑)
でも精一杯楽しんで作っている気持ちが伝わってくる
思い出の画像たちです(*^-^*)

よろしければ、ご覧になってみて下さいネ♪


作品ごとにリンクをはって、もとのブログ記事へとぶようになっております。




Piacere 棗のタティングレース・2005-2013 目次


DMC60・70・80・100番の作品(ドイリー)

DMC60・70・80・100番の作品(モティーフ)

COEUR VERTやオリムパスレース糸40番などの作品

カラフルなミニモティーフつなぎ

花筺(サシェ)

アクセサリー

タティングバッグ・雑貨

Donation Pattern Project 参加作品




各ページにあります私の独習作品は、
以下の和書・洋書テキストから作りました。
この数々のテキストがなかったら、どの作品も生まれませんでした。
心より、感謝申し上げます。


参考テキスト

「NHKおしゃれ工房 タティングレース」聖光院有彩著
「タティングレース 新しい世界」聖光院有彩著
「タッチングレースとビーズタッチング」生田光子著
「生田光子のシャトルレース-タッチングレースとビーズタッチング-」
「華麗なクラシックレース タッチングレース」藤戸禎子著
「モチーフ&エジング101 タティングレース」藤戸禎子著
「やさしいタティングレース」雄鶏社刊
「新しいタッチングレース デザイン100」キャサリン・オースチン著 成田明美訳
「やさしくタティングレース」藤重すみ著
「タティングレースの素敵なこもの」ブティック社刊
「私のビーズジュエリー」荒木孝子著 山中恵著


「Tatting with Visual Patterns」Mary Konior
「Elegant Tatting Patterns」Janet Carroll
「TATTING PATTERNS AND DESIGNS」Gun Blomqvist and Elwy Persson
「TATTING DOILIES&EDGINGS」Rita Weiss
「EASY TATTING」Rozella f.Linden


スポンサーサイト

Posted on 2015/11/25 Wed. 22:25 [edit]

category: タティングレース

TB: --    CM: --

25

来年の自分にプレゼント♪ 

年内に完成させて、できればピン打ち・成型を済ませたい作品がふたつ、
意外と早く片付いてしまいましたので、
余った日数でタティング作業用マットを新調しました♪


141223-1.jpg

手仕事好きとはいえ、縫い物は実は大の苦手なんです(汗)

それでも、普段がんばってる自分になにか作ろう♪と思い…。
来年も、新鮮な気持ちで製作に取り組めるように、
そして味わいの濃い作品を沢山作り出せるようにと、願いを込めて。


表地と裏地を中表にして縫い合わせ、ひっくり返して口を閉じた、至って簡単な作りの布製マットです。
生成りの地に、プリントは深い緑。


縫い目にクロッシェでシンプルな縁編みも付けてみました。
余り布でお揃いのコースターも作ったりして(笑)

苦手と言いながら、すっかり楽しみました。


この色にしたのは、来年の手帳のカバー色に合わせたかったからです♪


もう20年くらいずっと、プライベート用の手帳を同じ会社のでリピートして来ているのですが、
来年はもっと書くところが広い手帳にしたくて、他の手帳に替えてみました。

毎年買ってコレクションしている「ミキモトクリスマスチャリティボールペン」、
今年はシャンパンゴールドで、ひとつぶパールの付いた天使の羽根デザインです。

この深緑色の手帳とも好相性で、大満足(*^-^*)



手作りの品って、「世界でひとつの一点物」というところがいいですよネ~(*^-^*)

自分だけのこだわりを詰め込んで、うんと凝った作りにしても、
逆にさして特別ではない、キッチンクロスのようなごくありふれたものでも。

多少いびつでも、手作りの品が持つ雰囲気は、
「心豊かに、ていねいに暮らす」ことの大切さを教えてくれますね。


新調したマットの上で、来年もこつこつ製作に励みたいと思います♪



この、ちいさな日用品もいつか古くなって、
新しい物と交換されて、
引き出しの奥に忘れ去られて、引退の日を迎えるんだろうなあ。


作った時の記憶は、いつまでも残るけれど。

ささいな手作りの日用品に、ほのかなセンチメンタルを見てしまいます。



すべてのものが愛と感謝でできている。

改めて、この世界に溢れる恩恵を実感し、心の中で神さまに「ありがとう」と手を合わせたくなります。

Posted on 2014/12/23 Tue. 16:10 [edit]

category: タティングレース

TB: --    CM: 0

23

超極細絹糸でのタティングレース・エジング 

数年前に、帯を織る方から頂いた、帯の縦糸。
すごく細い、絹の糸です。


タティングするのに細い糸が欲しい欲しいと言っていたら、頂いちゃったのでした♪
当時はこの糸でミニチュアタティングのモティーフをいくつか作りはしたものの、
あまりにも眼が疲れるので…懲りて奥にしまい込んでいたのです。

でも、仕事机の照明を新調したらすごく作業が楽になりました(*^-^*)
今までは苦手だったことも、できそう…かも?

そこで、この糸でエジングを作ってみたくて、しかも日常使う物に装飾してみたくて、
独習ついでにチャレンジしました。

かなりの冒険でしたけど…(^^;)すごーく楽しかったです。
細糸好きここに極まれり(笑)


とても繊細な、デリケートな…絹糸のレースです。

141115-1.jpg

それを、極々ありふれたもの、ポケットティシュケースに縫い付けてみました(笑)

141115-2.jpg

アップの画像も。どれくらいの大きさか、おわかり頂けるでしょうか?


絹糸は、渋い焦げ茶です。
アイボリーのサテン地に、深いグリーンのリボンと共に縫い付けました。

糸は、絹の手縫い糸や、ミシン糸より細いです。

つるつるすべって引きづらい上に、力の加減でちぎれてしまいます。
一目一目がちいさ過ぎて最早見えないので(笑)、
きちんと数えながら目を作らないといけないのですが、
一目くらいの誤差は目視ではわかりません(^^;)

失敗した時は、いっそシャトルから糸をはずして、目の間から芯糸を引き抜くほうが賢明です。
(なにせ目をほどくにしてもどこに針を入れたらいいか見えませんから・笑)


…と、断崖絶壁をよじ登るが如くのチャレンジでした~(+▽+)でもすごく楽しかったです!
照明って大事ですわ。

この数日間の独習後。
指の腹の上で見たDMC100番糸を、ものすごく太く感じた時、
予想していてもやっぱりのけぞりましたO(≧∇≦)O

ほとぼりがさめたら、また挑戦します!←病的

Posted on 2014/11/16 Sun. 20:21 [edit]

category: タティングレース

TB: --    CM: 0

16

タティングレース糸端の始末・私の場合3 

台湾に旅行に行っていた糖質制限のお友達から、お土産のお茶を頂きました。

色がきれいなので、さっそくお気に入りの
小田急ロマンスカーVSE専用オリジナルカップで、
品のある香りと共に、琥珀色も楽しみます( ̄∀ ̄*)

141003-a.jpg

糖質制限愛好者同士のお土産には、お茶なんてぴったりですね!
お酒を飲まれるなら、ここは焼酎になるのかな?


ずいぶん前に更新をストップしている、アメブロの「棗の日記」。
更新がないのに、タティングレースの糸始末で検索を辿って見て下さっているようで…ありがとうございますm(^^)m

実は、ここしばらくスプリットリングの独習をしていて、また我流の糸始末の仕方を思いつきましたので、
もしかしたらお役に立てるかも…と思い、ご紹介したくなりました♪
よろしければ、

タティングレース糸端の始末・私の場合1

で解説しております方法からご覧下さいませm(^^)m


では、スプリットリングと、スプリットブリッジ(ブリッジング)を利用した糸始末の方法です。


使用パターンは「TATTING HEARTS」の「My Fluttering Heart」です。

Tatting Hearts (Dover Knitting, Crochet, Tatting, Lace)Tatting Hearts (Dover Knitting, Crochet, Tatting, Lace)
(1994/10/18)
Teri Dusenbury

商品詳細を見る


テキストでは、まず9弁の花モティーフから作ることになっています。
そこへ蝶のモティーフを二つ接続していくのですが、スプリットブリッジのテクニックを使えば、糸を切らずに続けて蝶が作れます。

141004-a.jpg

花モティーフの最後のブリッジをスプリットブリッジで作り、その後で、蝶の頭をスプリットリングで作ったところです。

141004-b.jpg

続けて、赤い糸を巻いたシャトルで翼を作っていきます。最後の右の翼だけはスプリットリングで作ります。
この糸は外周のリングに引き込んで糸始末できるので、引き込みやすい長さに切り落とします。

蝶のモティーフ二つめを作ります。
どのリングを外周で糸始末するか決めて、そのリングを最後に作るように、作り始めのリングを決めます。
(私は右の小リングを最後にするので、右の大リングから作り始めます)

ここで、リングの作り始めでする、お勧めの糸始末方法をご紹介♪
こんな風に、リングを作る時にもう一方のシャトル或いは糸玉の糸端を、引き込んでしまうのです!
言うなれば「タティングレース糸端の始末・私の場合1」の進化形です。

141004-h.jpg

このリングを閉じた後がブリッジなら、赤い糸を芯糸に白いブリッジを作りますが、その時に赤い糸端を芯糸と束ねて引き込んでしまえば糸始末できます。
この画像の続きをスプリットリングにすることもできます。その時は白い糸で赤い糸端をくるむように目を作っていき、リングを閉じます。

141004-c.jpg

蝶のモティーフ二つめ、右の翼を作り、頭で9弁の花モティーフのピコと接続し、左の翼を作ります。最後のリングは一つめの蝶と同様にスプリットリングで作って、糸を切り落とします。

141004-d.jpg

外周を作ります。赤い糸の糸端を長めに余らせた状態でリングを作り始めます。
右の蝶のピコと接続し、次は花モティーフのピコと接続、最後は左の蝶の2本の糸端を芯糸にそわせて、引き込んでくるみながら目を作り、リングを閉じます。
(画像では時計回りに目を作っています)

141004-e.jpg

裏に返して、引き込んだ2本の糸端を引っ張って形を整え、固結びします。

141004-f.jpg

表に返してから、長めに余らせた赤い糸を別のシャトルに巻いて、スプリットリングを作っていきます。
固結びした糸端の1本を引き込んで目を作り、シャトルを持ち替えたら残したもう1本の糸端を引き込んで目を作り、リングを閉じます。

続いて、パターンの通りにスプリットリングを二つ作ります。二つめのスプリットリングでは、右の蝶のピコと接続します。
更に続けてパターンの通りにスプリットリングを作っていきます。

141004-g.jpg

右の蝶の糸端をスプリットリングで糸始末します。
外周の一つめのリングでしたのと同じように、つながる場所まで目を作ったら芯糸にそわせてくるむように目を作り、リングを閉じます。
(この画像ではおわかり頂けるように糸端に余裕を持たせて接続していますが、後で引っ張って長さを調整します)

この糸端も、裏で固結びしてから1本ずつ左右に分けて、次のスプリットリングで糸始末します。

くるんで始末した糸端は、そのまま際で切り落としてもほつれません。
リング同士を引っ張っても、固結びの所で引っかかりますので、糸端が抜けることはありません。
固結びを挟まなくても、ある程度の長さをくるんであれば、くるむだけでも糸始末は可能です。


どんな場合でもできるとは限りませんが…(^^;)
この方法を使えば、糸接ぎの際にもそのたびに針で糸始末しなくて済みますし、
スプリットブリッジで次の段へ続いて行ければ、段ごとに切って糸始末することもなくなります。
糸始末が苦手な方に、特にお勧めします♪d(^ー゚*)

Posted on 2014/10/04 Sat. 16:50 [edit]

category: タティングレース

TB: --    CM: --

04

マリアさまの日に 

たまには本業の記事で。タティングレースです。


8/15は、カトリックの暦で「聖母被昇天祭」、マリアさまの祝日でした。
そこで、マリアさまに捧げるハート型のレースモティーフを作りました。

マリアさまのこ~ころ~♪それ~はあおぞら~♪とくちずさみつつ…(*^-^*)
(典礼聖歌407番)

Tatting Hearts (Dover Knitting, Crochet, Tatting, Lace)Tatting Hearts (Dover Knitting, Crochet, Tatting, Lace)
(1994/10/18)
Teri Dusenbury

商品詳細を見る

ここ2~3年はオリジナル製作ばかりだったので、テキストのパターンを作るのはすごく久しぶり!
リフレッシュ体験でしたし、勉強にもなったし、
なにより自分が「Tatting Lace」をどれほど深く愛しているか、よくわかりました。

140823-a.jpg

パターンは、上が「Queen of Hearts」、下が「My Fluttering Heart」です。
ピコを一部接続したり、目数を減らして形を少し整えやすくしています。
使用糸は、DMC CORDONNET SPECIAL BLANC No.60 です。

140823-b.jpg

上の「Heart Blossom」は、このテキストを買う決めてになったパターンです(*^-^*)
他の糸でもまた作ってみたい♪
下は「Heart O' Daisies」。ちょっと横に長い形がヨーロッパ風な感じ。
使用糸はDMC Special dentelles 80 色番899 です。

久しぶりの色糸は楽しかったです♪

60番が、太くて作りやすい(笑)。「BLANC」もよく見るといい色です。
やわらかいミルク色と、60番のもこもこ感が合ってて、いかにもハンドメイドって感じ。
今はB5200しか使わないのですが、ナチュラル系小物にBLANCは似合うなあ。

アイボリーホワイトといえばゴールドコロンの糸が大好きだったんですが、今は色糸を買うことは無くなってしまったし。
…と、色糸に未練は感じつつも、過去のDMC Special dentelles80番色糸の在庫は
今後も手つかずのまま、お蔵入りと思われます…(^^;)

さて、いつものB5200・100番に戻ります♪

Posted on 2014/08/23 Sat. 11:48 [edit]

category: タティングレース

TB: --    CM: 0

23