05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

棗のブログ

軽やかに、楽しく糖質制限

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

卒業 

東京とは思えないような最低気温が続いているこのごろです。
そろそろこの寒さに音を上げている人もいそうな?



どなたさまも、健康管理にはくれぐれも手抜かりなさいませんように。


かく言う私も、室温湿度管理に気を配っています。





もう全然、私の心因性の症状のことについて
このブログに書かなくなっています。

なにも起こらないのですっかり忘れちゃって…(^^;)
おかげさまです。


でも、1~2ヶ月に一度は半夏厚朴湯をもらいに行ってます。



もう、その時にお医者さんとお話ししたいことも無くなって来ました。

「これって、こういう意味なんじゃないかと思うんですが?」
という答え合わせも
だいたい済んでしまったかなあと…。



先日は、漢方薬をもらいに行ったら
とうとう先生から
「もう飲むのやめちゃえば?」
と笑われました(^^;)

うーん、そうかあ…そこまで来たんだね~(笑)


でもまあ、一日2包を1包に減らすにとどめておきますって
笑って答えました。




「もう飲むのやめちゃえば?」
この言葉が一番のくすりかもなあって感じます(笑)
今となっては。


なぜなら、10年間もの長い間
様々な症状に私が苦しんだのは、
今までの考え方・生き方を変えるのには
立ち止まることが必要だったため。

そのことに気付いたからです。



つらい、苦しい症状に焦点を当ててしまうのはあたりまえだし
そうしたくなるのももっともですが、
実は、フォーカスするところはそこじゃなかったんです。

その考え方・生き方でこの先も生きては行けないよと
身体がストップをかけた。
そして、それは生き物が本来持っている自然な機能で、
その機能が作動しただけのことだった。

別に、なんの異常も無かったんです。



でも、私はそんなこと想像もつかなかったし
実際痛いのだからこれは病気なんだと思ってしまった。

病気なら治せばいいと。
わかりやすいそれが、目的になっちゃってた。



痛いけど、苦しいけど、治らない。
誰に尋ねても治る方法を教えてもらえない。

今から思えばそれはあたりまえです。
その痛み・苦しみを治すことに焦点を合わせていても
そこに解消する方法は無いから。

でも、それはわかりませんでした。
(ふつーわかりませんよね!そんなこと・笑)




私の場合、「考え方・生き方を変えること」が正解でした。


生まれてから、物心ついて以来50年以上。
一般常識や社会通念という「世間の普通」を尊重しながら生きて来ました。

でも、「私にとっての普通」について
改めて考えたことはありませんでした。

「私の普通って、なんだろう?」
そこを探り始めた時から、本当の
痛み・苦しみを解消するための道に切り替わったんだと思います。



「私の普通って、なんだろう?」

そう自問することは、本来の自分を見つける旅です。
まだ世間の普通と出会う前の自分。

世間の普通がどうであろうと、生まれた国や時代がいつどこであろうと、
まだ全然影響を及ぼしてない
生き物としての素の自分。

どこまでもどこまでも、発見した自分との対話でした。


あー、私って、こうなんだあ!
って驚いたり苦笑したり、いやだ~って強く抵抗を感じたり。
でも、どんなでも結局は
しみじみ愛しく思ったり。




そんなことをここ数年続けているうちに、
すっかり考え方・生き方が変わってしまいました。


以前はすごく大切にしていた考え方だったのに、
今ではまったく関心が無くなって、
あれは夢だったんじゃないかななんて
感じているし。

そして、苦しかった頃をどんどん忘れていって
症状が無くなってることにも気付かずに。

まるで、毎日新しく生まれ直しているような
新鮮な気持ちで日々暮らして。


生まれてからずっと続いていた、今までの人生を、卒業できた気分です。




今は、生きているというそれだけでしみじみと嬉しい。
これからなにが起きるのかなとわくわくするし、
毎朝目が覚める時、今日はどんな楽しいことをしようかなと
考えるだけでやる気が湧いてくる。

それが私のあたりまえ、私の普通です。


いやなことが起きても、そのこと自体を笑いにしちゃって
すっかり忘れてるし(^^;)

人様のことはもちろん、自分の欠点や至らないことが気にならない。
克服したいなと思ったら、淡々とそれに取り組めばいいだけ。
そして克服できたら、自分をほめてあげる♪
その過程すら楽しかったって思える。

なんか大らかになったと言うか、シンプルになりましたね(笑)




今年から、年賀状を出すのをやめたのですが
頂いた年賀状にはどれもみんな

「今年も遊んで下さい」
「今年も遊びに行きましょうね!」
「今年はどこに遊びに行きましょうか?楽しみにしています」

まるで申し合わせたように同じことが書かれていて(笑)
吹き出してしまいました(≧艸≦)


昨年それだけ遊びに行ってたということ!?(笑)

きっと、私が遊ぶために生きてる人になったので
類が友を呼んでいるんですネ!


今年も同類の友に誘われて、
私の生きる世界はどんどん新しく変わって行きそうです♪



スポンサーサイト

Posted on 2018/01/29 Mon. 11:30 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

29

素直な気持ちで前に進む 

2017年も、もうあとわずかですね。




去年の今頃は、突然思い立って床磨きを始めたら
あまりにもきれいになるので
没頭しちゃって
家中の床をすべて磨いて回ったら
右手がグローブのようにぱんぱんに腫れちゃって…!

お正月はなにもできずに
ひたすらTVを見て過ごしたという(T▽T)

実にお正月らしい年の始まりでした(汗)

そして、その時で懲りずに
春にまた右手人差し指の関節炎で
なにもできないTV鑑賞の日々再び…(TT▽TT)



その時に、たまたま見つけた番組
「猛虎キャンプリポート」。

この番組を観ることで
いかにケガというものが自分のやりたいことを阻む
喜ばしくない出来事か、

上達するより成果を上げることより
実はケガを防ぐことの方が
ずっとずっと大切なことだと気付きました。

「何事も熱中して、やり過ぎる」
という自分の性分から来る癖。

痛い思いをしてようやく
正面から向き合うことになりました。



振り返れば、この癖が
今までの私の人生にアクシデントをもたらして来たんです。

もういい加減、やめましょう!(^^;)



なぜ、やり過ぎてしまうのかなあ…と自分の心を内観しているうちに
これもまた
「ねば・べき」の呪縛だとわかりました。

だから、それは捨てて
今度は「たい」の気持ちで再び持ち直すことにしました。

自分に素直に、こうしたい、という気持ち。
それこそが生き生きとした
本来の自分の意思なのだと感じます。



「たい」の気持ちで何事も始めると、
自分の仕事にある程度満足できるようになります。
自分を肯定してあげられます。

「ねば・べき」だと、満足行くにはこれじゃまだまだ…と感じて
終わりがありません。
自己否定のままです。

だけど、
人生の時間は有限なので、そんなことしてる場合じゃないですね(笑)
もう既に50年以上もそうやって生きて来てしまいました(^^;)

2017年がもうすぐ終わるように、限りある時間を生きる私達ですから。

自分にも他人にもひとまずはOKと評価して、肯定したいです。
たとえどんな状態でも、誰もが過渡期だから。
現在だけでなく、過去や未来も含めて評価したい。




というわけで、今年の12月は
大掃除もお買い物も前倒しで少しずつクリアして、
今年最後の1週間は
のんびり家で過ごすことにしました♪


日曜日、月曜日、火曜日…。
ゆったりした気分で毎日カレンダーを眺めると、
なんだか時間の経つ音が聞こえてきそう。

こんなに時が経つのが心地よいなんて!
知りませんでした。

この心地よさはきっと「生きてる」っていう心地よさかも。




一日、一日、その日ごとに届く
いろんな出来事の中に見つかる恵み。
一年、一年、続いて行く恵み。
これからも。

そう思うだけで、胸の奥が
ほんわかあったかくなります(*^-^*)

いろんな物や事や人に
心からありがとうと伝えたい♪




また来年も自分に素直に
「たい」という希望を抱いて
恵みをひとつひとつ見つけよう♪

きっと沢山見つかることでしょうネ!d(^ー゚*)


どうぞ、すべての方に
2018年も
素晴らしい年でありますように…心からお祈り申し上げます☆




Posted on 2017/12/29 Fri. 18:00 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

29

本心が望んでいたこと 

ちゃんと春になりきらず、寒さが長々と居座り続けていましたが
ようやく桜が咲いて
春だな、と思えるようになって来ました。


お元気でお過ごしになっていますか?(*^-^*)



以前に記事に書きました、

「血流がすべて解決する」
堀江昭佳


この本に出会って、
「私の普通ってなんだろう?」
と考えるようになって、そろそろ1年が経とうとしています。


「世間の普通」に気を取られて、いろんな思い込みをしていましたが
そこを改めて見直してみて
「私の普通」を一から自分に問い続けて来ました。


それは、どこまでも自分の本音に向き合う行為です。

奇妙に思えることはしょっちゅうだし、
時には認めたくないような、抵抗を少なからず感じることでもあったり、
人から見れば「もったいない」「みすみす損をしている」と言われそうなことだったり。

でも、それが私の心の求めることならばしかたない。
本音に従った選択をしようと決めています。


私は、なにがしたくて、なにがしたくないんだろう?

そう自問自答していて得られる
「たい」と「たくない」を聞き入れて
実行に移していると

心の奥底にいる「本音の自分」が
どんな人間なのか
なにを目指しているのか…

朧気ながら見えてくるのです。

私も知らなかった、本音の私の姿が。



そして、ある時突然わかったんです。


「私の周囲にいる人々と、笑顔を交わしながら、楽しく暮らす」

これができていれば、ホントはなんにもいらなかったんだなって!


私の生きる目的や夢は、もっと大きくて成就しにくくて
叶えるのがとても困難な、特別なこと。

でも、すごく輝いているから叶えたくて、
叶えるためにと今まで努力して来たのですが…

これは思い込みだった!


本当の目的や、叶えたい夢は、
実はもうとっくの昔から叶っていたことで

でもそれはあまりにも普通のことで
見た目に地味で
「夢」っていう程のことじゃ全然無いように見えていたから

きっともっと
目を見張るような輝かしい
特別に素晴らしいことである筈だと
そういうものじゃないといけないと
思ってたんですね…(笑)


そして、すべての「夢」や「目的」に見えていた
華々しいことは、
ただ
「私の周囲の人々と、笑顔を交わしながら、楽しく暮らす」
という状態を
より楽しくするためや、
安全に維持するために役に立ってくれる
それだけのことに過ぎなかったんです。


それができてさえいれば
華々しい、輝かしい、「夢」や「目的」なんて
ただの手段だった。


はあ~。


その、ただの手段に過ぎないことを
叶えようとして
今までどれだけ振り回されたことか…(^^;)

時には
それが叶わなくて苦しんだりして。
私って不幸だとか嘆いたりして(笑)


あー、バカバカしい!(≧∇≦)

と、体から力が抜けました(笑)



本音の自分と出会ったら、
求めていたものはとてもさりげなくてありふれていて
しかもとっくの昔に、すでに手に入れていたとわかった。

すでに手の中にあるのに
そのままで幸せなのに

それじゃいけないような気がして
足りていないような気がして
あちこちへと求めさまよう。


「世間の普通」は、そんなおかしな勘違いを誘発して
エネルギーの無駄遣いをさせる
目くらましなんだなあ…とわかりました。

でもこれ、
散々エネルギーをつぎ込んで
ほとほと苦しんだり悩んだりして
その愚かさ・虚しさを痛感しないと
なかなか気付けないんですよね(笑)



「私の周囲の人々と、笑顔を交わしながら、楽しく暮らす」
こう言うとホントに見栄えがしないし(笑)、
まるで
「その程度のささやかな幸せで満足しなさい」
と説教じみた言葉に聞こえちゃいますが、

実はちがうんですねー♪

これを「ささやか」だなんて感じるのは、
華やかで大袈裟な夢こそ見る価値がある、という
「世間の普通」が見せるまやかしのせいだったのでした。


私の本音、本心が望んでいたこと。
それは、「私の普通」で生きるということ。
私の責任で、私の自由に生きるということ。

そのなんとやりがいのあることか!


「世間の普通」というものさしから自由になると、
「私の普通」の毎日の
その普通っぽさこそが嬉しくて、
そして楽しくてしょうがない(笑)

時にはケンカしたりすることも、そう考えると可笑しい(笑)

誰かを心配したり無事を祈ったりで、心を揺らすことさえもが
深い喜びに感じる。


もしかしたら「天命」とは、
そうして生きている自分を味わい、楽しむ
単純に、ただそれだけに生きることなのかも知れない。

今はそんな気がしています。


Posted on 2017/04/10 Mon. 18:25 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

10

新幹線ミッション 

昨日は、名古屋までOB会に行って来ました。


2年ぶりにまた会えた人はもちろん
10年以上会えなかった人に会えたのも
ものすごく嬉しかったし

ただお茶するカフェを探して一緒に歩いているだけで
なんだか楽しい
(当時もそう、ただつるんでいるだけで楽しかった・笑)

そんな人達が10年以上経ってもいてくれることに
なんとも言葉にできないあったかさを感じる
楽しくて、心安らぐひとときでした。


そして、私にとっては
大きな大きなそびえ立つ壁
それを乗り越えるチャレンジでもあったんです!

「新幹線ミッション」です。


私はパニック障害になってから
新幹線や飛行機に乗れなくなりました。
なったばかりの頃は
山手線ですらダメでした。

でも、あれから何年も治療して来て
その間にデパスを断薬できたし
外出することへの抵抗がほぼ無くなって来ているし

きっと神さまが
チャレンジするのにいい頃合いだと思ったんでしょう

名古屋でのOB会に誘われました。


今回は、2年前とちがって
付き添い無し、ひとりで行くと決めました。

できそうな気がしたからです。


でも、一週間前から影響が出始めました。

毎朝、目が覚めるとしょんぼりしているんです。

理由もわからずしょんぼりしている。


それでも日中は気分をもり立てて、楽しく過ごしていましたが
朝目覚めると、元気がない。

全国の週間天気予報を見る度、気分が沈む。

そして、気付きました。
私はこの週間天気予報を見て
新幹線に乗る不安を
カウントダウンでつのらせているんだと。

ああ、やめやめ!

週間天気予報を見るのはやめました(笑)


先週一週間は、
そんなわけでものすごく緊張してたし
ああだのこうだの理屈で不安をなだめようとしてたし
眠りは浅いし
前夜は2時間しか眠れなかったし(笑)

それでも友人達に励まされて
がんばって行って来ました!


行ったらなんとかなる!!
そう心の中で何度も何度も念じながら…。



結果、新幹線の車中では
流れゆく空の雲を楽しく眺めたり
お菓子を食べたり
新横浜駅のスタバで買ったカフェミストを飲んだり
そんなひとつひとつのことを
じゅうぶん楽しんで(笑)

一週間分の不安はすっかり無かったことになりました♪


帰りの新幹線に乗る時なんかは、もう余裕。

あたりまえのように電光掲示板で
自分が乗る便数を確認して
自分が乗る車両の来る場所に立って
あたりまえのように待っている!(笑)

そんな自分に笑い出したくなるくらいでした。



そして、大切な気付きはここからでした。


新幹線がホームに入ってきて
ドアが開き
自分の座席(窓際です)にバッグを置いてコートを脱いで
コート掛けに掛けていると
隣の、通路側の座席に人が来ました。

その人が棚の上に荷物を乗せている時に
コートを着ていらしたので
「コート掛けを使いますか?」
と聞いたら

ん?という顔をなさって
「あ、上に上げるからいいです」
と言われました。

そして私もバッグを足元に置いたりして
座席に落ち着きました。


その後はもう眠くて眠くて…!
お茶を飲んだり音楽を聴いたりして
なんとか起きていました。

あと10分くらいで降りる駅です。

隣の座席の人は駅弁を食べていましたが
私はもそもそとコートを着て
降りる支度を始めました。

すると、隣の人は
食べていた駅弁をかっこみ始めました。
お茶飲んだりして。


私は支度を済ませて
「前をすみません」と声を掛けて通路へ出て
自分の席を後にし

通路の降りる人の列に並びました。



こう書いちゃうと、どーってことの無い
ごく普通の出来事なんですが…。


この一連の出来事は、私に
すごく大切なことを体験で教えてくれました。

それは
「人の善意を甘くみてはいけない」
ということです。


コート掛けを使わずに棚の上に荷物を置くこと
隣の人の降車に食べてる駅弁をかっこむこと
降りる人が通り抜けるために席を立つこと

善意ってほどの大げさなことでは無いし
なにげなくやって下さったんだと思うんですが

そういう風に、見知らぬ人でも
助けて下さるんです。
人というのは。


私だって同じです。
逆の立場だったら、同じようにしてます。
特になにも考えずに。

だから、もしパニック障害で具合が悪くなっても
誰かしらが助けて下さるんです。


これ、頭ではわかりきっていても
心のどこかが疑っているとか
「他の人に頼っちゃいけない」と思っているとかで
そうなったらどうしよう、と不安になるんです。

そうなったらどうしよう、じゃなくて

そうなったらどうにかしてもらおう、と
即座に思えるか、思えないか。

このちがいが
不安になるかならないかの分かれ道だったんですね!


それをしっかりとわかるようになること。

新幹線の中以外でも、
人生のどんな場面でも、人の善意を信じていられること。
人と関わり、人の中で生きて行く以上、
善意だけじゃないとわかっていてもなお
それを信じていること。


それは、実は生きて行く上で
ものすごく大切なことなんですね。

人を信じて、助けを求めること。
それを避けては人は生きられない。


言葉にするとあたりまえに感じるけれど、
実はそれをちゃんとわかっていれば
理屈でなく体験でわかっていれば
この世から
孤独死とか自殺は無くなってしまうかも知れない
それだけ重要なことなんです。



つい一人で背負い込んでしまう
こどもの頃から負けず嫌いで意地っ張りの私は
そうして何でも背負い込んで
パニック障害になってしまった。

だから、この「人を信じて助けを求める」という
生きる上での大切な学びを得ることが、
治るためにはなによりも一番必要だったんだと
今は思います。



長い長い道のりでしたけれど…。


いつか心療内科の先生に言われた
「風でひっくり返ったカード」

不安症は、ある時突然
ふとしたきっかけでなってしまうものだと。

ちょっと風が吹いてカードがひっくり返って
表が裏になってしまうように
不安症になってしまう。

だけど、また風が吹いてカードが表に戻れば
不安症は消える。
ただそれだけのことなんですよ、と。

ホントにそうなんだなと思いました。


またいつか、風が吹いて
カードがひっくり返っちゃうかも知れないけど
でも大丈夫。
現実に起きているのは
たったそれだけのことなのだから。


新幹線ミッション、
思い切ってチャレンジしてみたら
私のカードには風が吹いてくれたみたいです。


Posted on 2017/03/13 Mon. 10:39 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

13

匂いと香りと、幸せな気持ち 

広告が出ちゃったので慌てて記事書きます(笑)



ブログはこのFC2以外にも、アメブロも書いているのですが
このFC2ではなかなか書けないのは
なぜだろう(^^;)

しかも、
昨年秋から新たに始めた別のブログは
短くてもほぼ毎日書いてるのに(笑)

ゲームのルーティンのついでにちょこっと書けるようになってるからかも?

ふと思うに
「糖質制限ブログ」というしばりが
気軽に記事を書く気持ちの歯止めな気がします。

まあ、必ずしも糖質制限ネタじゃなくたって
とは思いますが
きっと心のどこかで「ねば・べき」が引っかかってるんですね(笑)


というわけで。

糖質制限ネタが無いわけでは無いけど
(新たに始めたほうのブログでもその話題で書いてるし)
ちょっと意識を変えるためにも
敢えて「糖質制限」を絡めようとしない記事を書くようにしてみます。

(行きがかり上絡まるかも知れません・笑)




身体の健康に、想像以上に大きな影響を与えるのが
心の健康だと
常々感じています。

快適に暮らすために、家の中をきれいにお掃除するように
心の中もお掃除して、快適にしておきたいです。

フローリングのお部屋は特に、数日モップがけをさぼると
ほこりがいっぱい(^^;)

心の中のごみ「ストレス」は目に見えないから
普段から沢山貯まらないような習慣を続けています。

その習慣の中でも、私にとって
大切なのは
「五感で拾った感覚に従って行動すること」です。

五感が嫌がるものを排除し、欲しがるものを与えてあげます。


五感と言えば、
視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚。

美味しいものを食べたいだけ食べ
目に付く所に美しいものを沢山置き
ここちよい音色の楽器が奏でるクラシック音楽を聴き
上質のプレミアムリネンやコットンの衣類を身につけ、

そして、一番手厚くケアするのは嗅覚です。


匂いと香り。
これを感知する感覚を一番に重視します。

不快な匂いを、自分に我慢させない。
良い香りで嗅覚を喜ばせること以上に、大事です。

不快な匂いのストレスと言ったらもう、半端無いですよね(笑)

その上で、
大好きな香りのお茶や
香りの良い生花
アロマテラピー用の植物の精油
ここちよいと感じる香水etc.

毎日、これらの良い香りを
適材適所で使って
心穏やかに過ごします。


美しいものを見る喜び
美味しいものを食べる喜び
ステキな音楽にわくわくする喜び
やさしい肌触りにホッとする喜び

沢山の喜びの中でも
いい香りにうっとりする喜びは、一番の贅沢だと感じます♪


感覚というものを持っていることが
たまらなく幸せ(///∇///)

この大きな幸せを、誰に感謝したらいいのかな!
あ、神さまか!(≧∇≦)

神さまがお創りになった、この世の美しい恵みのすべて

作る人・売る人
あらゆる沢山の人の手を介して私のもとへやって来る
ステキな感覚をもたらすものたち

それらに私は毎日うっとりできるなんて
大きな大きな幸せを感じます♪

その、沢山の人々にも感謝。


毎日、いろんな出来事で
笑ったり泣いたり時には怒ったりするけれど。

ストレスも、快感も
感覚があるからこそ。

感覚を持っている幸せを感じる時、
生きているということ、それ自体がゆるぎない幸せなのだと
気付きます。


今、私が一番感じたいのは、春の香り!(*^-^*)

満開の梅の木を見かけるたびに
心密かにわくわくします♪

春が早く来るといいですね!



Posted on 2017/02/21 Tue. 09:37 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。